風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ

タグ:彼岸花 ( 7 ) タグの人気記事


2011年 10月 07日

  金生山明星輪寺の彼岸花 その2 


  僅か標高217.1m の高さでも展望は大変良好で空気の澄んだ日にはアルプスも。
  東南方向には濃尾平野が眼下に広がり気分も爽快になる。
  芙蓉や萩の花も咲いて秋の深まりを実感することが出来た。
  やがて紅葉の季節になるがこのお寺の紅葉は素晴らしい。

1
f0129465_9174398.jpg


  近くの老人会の皆さんだろう 杖ついて石段を下ってきた方は90歳と
  紹介されて、下で待っていた人達が拍手で迎えられた。

2
f0129465_9183421.jpg


  岩の隙間に咲く彼岸花に力強さを感じた。

3
f0129465_9191728.jpg

4
f0129465_9193688.jpg


  鍾楼付近の彼岸花も趣がある。

5
f0129465_9202578.jpg

6
f0129465_9204614.jpg

7
f0129465_921865.jpg


  シュウカイドウも咲いていたが鹿がやって来た食べられてしまうそうだ。
  周囲にネット張って保護していると言うことだが
  最近は至るところで鹿や猪の被害が頻発している。

8
f0129465_9215734.jpg

9
f0129465_9222018.jpg


  帰り道の山門の近くの斜面に白い彼岸花も咲いていた。
  すでに花も終わろうとしていた。

10
f0129465_9232255.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-10-07 09:25 | 寺社・仏閣
2011年 10月 05日

  金生山明星輪寺の彼岸花 その1


  明星輪寺は金生山(標高217.1m)の山頂付近にある真言宗のお寺、西美濃三十三霊場第三十一札場。
  「赤坂虚空蔵」、「虚空蔵さん」、「こくぞうさん」と呼ばれる日本三大虚空蔵の一つと言われる。
  知る人は知る隠れた彼岸花の名所として遠方からも見物に来る人も多いお寺である。
  近いこともあって四季を通じてよく訪れるお寺でもある。

  山の下の駐車場に大型の観光バスが駐車していたが、境内で出会って聞いてみたら
  奈良からやって来た写真同好会の団体さんであることが分かって驚いた。
  津屋川堤防を訪れた後にこの明星輪寺の彼岸花を撮影に来たという。
  奈良には歴史的な遺跡や建造物を背景にする彼岸花は幾らでも咲いていると思うのだが・・。

  お寺の境内は大変広くて、墓地があったり多くの地蔵さんが並んでいたりさらに本堂の奥には
  巨大な石灰岩層の露出する岩巣公園もあり、ゆっくり散策すると1時間では周れない。

1
f0129465_5215794.jpg

2
f0129465_5221915.jpg

3
f0129465_5224466.jpg

4
f0129465_5231053.jpg

5
f0129465_5233550.jpg

6
f0129465_5235660.jpg

7
f0129465_5242344.jpg

8
f0129465_5244533.jpg

9
f0129465_525813.jpg

10
f0129465_5253761.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-10-05 05:32 | 寺社・仏閣
2011年 10月 03日

  アオサギに出会う


  田圃の水路や河川でよく姿を見かけるアオサギは用心深くて近づいて撮るのが難しい。
  アオサギ(蒼鷺)は世界に広く分布するコウノトリ目サギ科に分類される鳥である。
  調べてみたら、日本では夏季に北海道で繁殖し(夏鳥)、冬季に九州以南に越冬のため飛来する(冬鳥)。
  本州、四国では周年生息する(留鳥)であるという。
  全長88-98cm 翼開張150-170cm の巨大な飛翔姿も魅力がある。

  彼岸花の咲く津屋川の堤防の下の方の木立の中に静かにたたずむ姿を見つけた。
  朝食の餌を探しているのか、食後の一服なのか、飛び立つことはなかった。

1
f0129465_5115483.jpg

2
f0129465_512342.jpg

3
f0129465_513080.jpg

4
f0129465_5133245.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-10-03 05:15 | 風景・自然
2011年 10月 01日

  クロアゲハを追って


  一通り堤防を歩いて帰ろうかとしたらクロアゲハが舞っているのを見つけた。
  羽に白い模様のある美しい蝶であった。
  動きの速い鳥類や昆虫を撮るのが下手なのは十分承知しているいるけれども、
  この黒い大型の蝶を暫く観察した。
  秋の日差しに輝く真っ赤な彼岸花を舞う真っ黒な蝶の組合せが見事であった。

1
f0129465_4314166.jpg

2
f0129465_432720.jpg

3
f0129465_4322863.jpg

4
f0129465_4325085.jpg

5
f0129465_4331026.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-10-01 04:34 | 植物・花
2011年 09月 29日

  津屋川堤防の彼岸花


  お彼岸に合わせるように津屋川の堤防が真っ赤に染まるのが、
  この2年前までの当然の光景でしたが、昨年の不作に続いて
  今年もやはり花の少ない寂しい風景になってしまいました。
  今朝の新聞の地方版には、台風の影響とか河川の増水による被害が
  その原因だと書かれていましたが、
  本当の理由はこの堤防の管理や手入れに問題があるように思いました。
  数年前から観光雑誌や旅行誌などに取り上げられて知名度も高まり
  遠隔地からも大勢の人が訪れるようになったことに対する
  思いあがりがあったかも知れません。

  3年前には手漕ぎ船が登場して投網が打たれる光景が観られました。
  この光景が人気となって津屋川を訪れる人も急増しました。


1
f0129465_6122610.jpg

2
f0129465_6124651.jpg

3
f0129465_613378.jpg

4
f0129465_6132347.jpg


  23日の状況は実に無残は光景でした。
  午前8時ごろには大勢のカメラマンが訪れていましたが
  皆さん失望の色が濃いようでした。
  彼岸花は何処に咲いていても同じように綺麗な花ですが、
  その花の咲く周囲の環境や背景や添景によって違う花に見えるから不思議です。

5
f0129465_6143929.jpg

6
f0129465_615467.jpg

7
f0129465_6152469.jpg

8
f0129465_615466.jpg

9
f0129465_616595.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-09-29 06:18 | 植物・花
2010年 09月 30日

  池田山麓にも彼岸花が


  今年は暑さのせいで開花が遅れていた彼岸花も、この2~3日で一気に開花が進んでいる。
  何時もの散歩ドライブのコースである池田山霞間ヶ渓のお茶畑にも真っ赤な姿を現した。
  道沿いにはあっという間に赤い花の行列ができていた。
  茶畑の横の雑草の中から頭を出している彼岸花に興味を覚えた。

1
f0129465_6324896.jpg

2
f0129465_6331252.jpg

3
f0129465_6333851.jpg


  ほとんど人の入らない農耕放棄地にも懸命に赤く咲いていた。

4
f0129465_6343217.jpg

5
f0129465_6345395.jpg

6
f0129465_6351630.jpg

7
f0129465_6353975.jpg


  広い茶畑の片隅で一人育ちの数本のコスモスが
  秋の風にゆらゆら揺れている光景がとても好きだ。
  整えられたコスモス畑には感じられない哀愁があるから。

8
f0129465_6365127.jpg

9
f0129465_637975.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-09-30 06:39 | 風景・自然
2008年 09月 25日

津屋川の彼岸花



海津市のHPに津屋川の開花状況が掲載されているのでこれを参考にして現地を訪れた。

30~40%の開花状況の翌日の20日であった。

養老山系の山麓を流れる揖斐川の支流である津屋川は背後に山があり前方には広大な

濃尾平野の田園が広がって彼岸花には絶好の環境である。

3~4キロにわたって堤防には彼岸花が咲くが群生地として人が集まるのは1キロ位だろうか。

例年手漕ぎ舟からの投網のパフォーマンスを見物してきたがこの日は少し到着時間が遅かったので

すでに終わったらしく船を操る姿だけを確認した。

去年は開花が遅れて10月5日に満開となったが今年は開花が順調で22日現在で80%

と発表されているのでこの二日ばかりが一番の見頃になるだろう。



1
f0129465_6195091.jpg

2
f0129465_6144543.jpg

3
f0129465_6151354.jpg

4
f0129465_6154549.jpg

5
f0129465_6162594.jpg

6
f0129465_6165663.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2008-09-25 06:34 | 風景・自然