風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ

タグ:円空仏 ( 6 ) タグの人気記事


2011年 08月 10日

  円空仏を訪ねて・大平観音堂


  旧伊吹村の春照という集落(現在は米原市春照)にある大平町観音堂を訪ねた。
  ここに安置されているのは、円空作の十一面観音立像で、高さが180.5cmもあり
  珍しい桜の一木造で元禄二年円空58歳の晩年の作である。

  本像は伊吹山中腹にあった太平寺集落に古くから祀られていたが、諸般の事情で
  昭和39年に集団移住により現在の春照大平寺観音堂に安置されている。
  春照は「すいじょう」と読まれるが、伊吹山山麓にある北国脇往還の宿場があった。
  拝観には事前の予約が必要であり、拝観料は300円。

  女流作家の白洲正子さんがその著書「十一面観音巡礼」で
   「かって伊吹山で円空作の十一面観音に出会った時の感動が、私には忘れられない、
    それまで私は、円空には人がいう程興味を覚えないが、この像だけは印象に残っている」
  と述べられたそうですが、等身大の白洲さんが撮影した写真パネルが置かれていた。

  観音像の背面には円空自筆といわれる墨書があるが撮影はできなかった。
  額縁に入れられた「円空上人行蹟」に書かれている漢詩と四日間の制作日程には驚く。
   「四日木切 五日加持 六日作 七日開眼
    元禄二己己年三月 初七日 中の房 祐春代 」
祐春は中の房の僧侶だろうと言われる。代 とは祐春の代りに円空が造ったという意味だろう。

1
f0129465_5303359.jpg

2
f0129465_5305779.jpg

3
f0129465_5311821.jpg

4
f0129465_5313941.jpg

5
f0129465_5321881.jpg

6
f0129465_532405.jpg

7
f0129465_5331459.jpg


  円空仏が今ほど知られていなかった頃には
  お腹を極端なまでに出っ張らした像であるから、
  安産の観音さんとしてお参りに来る人がこの像の腹部に触っていたと聞いた。
  それが今では頑丈なガラスケースに入れられて、観音さんも寂しそうにみえた。

8
f0129465_5342473.jpg

9
f0129465_5344225.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-08-10 05:41 | 寺社・仏閣
2011年 08月 07日

  円空仏を訪ねて・徳林寺


  先日訪れた大須観音(北野山真福寺)の住職さんから、お隣の徳林寺の円空仏を
  見せてあげると言われた日に訪れた。
  この日は地元羽島市の夏休み親子見学会で、40名ほどの見学者があるというので
  その人達と一緒に説明を聴いて拝観することとなった。
  大須観音(北野山真福寺 美濃新四国霊場34番札所)と隣り合わせの
  徳林寺(寺嶋山徳林寺 美濃新四国霊場33番札所)は同じ住職さんで護られている。

  見学者が到着すると最初に大須観音に入ってお寺の歴史などの話があった。

1
f0129465_62242.jpg

2
f0129465_624442.jpg


  続いてお隣の徳林寺に移りここでもお寺の歴史や文化財の説明があった。

3
f0129465_633291.jpg

4
f0129465_635686.jpg


  徳林寺に保存されている円空仏は不動明王像(60.5cm)1体である。
  見学者が立ち去って後でゆっくり拝観させてもらった。
  本堂の中は薄暗い状態なので目を凝らしてしっかり見せてもらった。

5
f0129465_65033.jpg

6
f0129465_651711.jpg

7
f0129465_653741.jpg

8
f0129465_655467.jpg


  文化財の一つである毘沙門天像は迫力があった。

9
f0129465_66468.jpg

10
f0129465_6789.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-08-07 06:10 | 寺社・仏閣
2011年 08月 07日

  円空仏を訪ねて・金宝寺


  長間薬師観音寺に続いて円空像が1体だけ保存されている金宝寺を訪ねました。
  所在は桑原町八神というのですが、町中と違って田圃ばかりの田園地帯ですから
  何度も人に聞いてやっとのことで車一台が通れる狭い田圃道を辿って着きました。

  恵日山金宝寺は臨済宗妙心寺派のお寺で、領主であった毛利家の菩提寺として、
  格式が高く、宝物を多数所有していたが、逐次散逸してしまい、
  現在は徳川家より拝領した駕籠と円空仏1体が残されている。(ウィキペディア参照)

  このお寺に保存されている円空仏は小さな如来像(39cm)1体でした。

1
f0129465_5491450.jpg

2
f0129465_5493579.jpg

3
f0129465_5495387.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-08-07 05:52 | 寺社・仏閣
2011年 08月 04日

  円空仏を訪ねて・長間薬師寺


  中観音堂(円空資料館)を見学した後に、長間(ながま)薬師寺を訪ねました。
  ここには薬師如来像(93.3cm)など9体の仏像に出会うことができました。

  丁度庵主さんが外出から戻られたところで、
  円空仏の拝観をお願いすると快く本堂へ案内してくださいました。
  天井の電灯をつけて戴き、ゆっくりと観て行ってくださいと席をはずされました。
  防犯上に理由からだろうが、9体の円空仏は頑丈なガラスケースに収められていました。
  ここも撮影禁止となっているが、庵主さんのご了解でケースの外から撮影を許してもらえました。
  本堂の一番奥まった狭いところにケースが置かれていますので、撮影に難儀しました。

1
f0129465_511916.jpg

2
f0129465_5112916.jpg

3
f0129465_5114994.jpg


  薬師如来像を真ん中に左右に脇侍坐像が微笑みを浮かべて並んでいます。
  左側が日光菩薩像で右側が月光菩薩像です。

4
f0129465_5124678.jpg

5
f0129465_513721.jpg

6
f0129465_5133880.jpg


  さらにその左右に3体の護法神像が並べられています。
  これが一番大きな護法神像で高さは50.9cmです。
  観音像(25.5cm)や薬師坐像(7.2cm)も間近に観られました。

7
f0129465_5143634.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-08-04 05:18 | 寺社・仏閣
2011年 07月 29日

  円空仏を訪ねて・中観音堂と円空資料館 その2


  観音堂を継承・管理するのは円空上人遺跡顕彰会で地元の上中町の皆さんです。
  観音堂に隣接して円空資料館がありますが、市から若干の補助はあるそうですが
  地元の上中町の皆さんで運営されているそうです。

  羽島の円空仏の認定に深く係わられたのは梅原 猛さんと聞いて驚きました。
  梅原 猛(うめはら たけし)さんは、日本を代表する哲学者。京都市名誉市民。
  ものつくり大学総長(初代)、京都市立芸術大学名誉教授、国際日本文化研究センター名誉教授。
  東日本大震災復興構想会議特別顧問(名誉議長)。
  立命館大学文学部教授、京都市立芸術大学学長、国際日本文化研究センター所長(初代)、
  社団法人日本ペンクラブ会長(第13代)などを歴任されました。


  前回ご紹介した「円空さんの遊びと笑いの歌」は梅原猛さんの円空歌集にあるそうです。
  円空資料館には、全国にある円空仏をレプリカや写真などで紹介。
  円空顕彰会の活動の紹介もされていました。

1
f0129465_5283249.jpg

2
f0129465_5285240.jpg


  資料館のすぐ横には「円空上人産湯の井戸」も。

3
f0129465_5294013.jpg

4
f0129465_530298.jpg

5
f0129465_5302287.jpg

6
f0129465_5304666.jpg


  帰路に大賀ハス田に寄ってみましたが、広い蓮田に花は数輪だけでした。
  今年も不作に終わったようです。
  たくさんのまつりの幟が風に揺れているのも寂しい光景でした。

7
f0129465_5314159.jpg

8
f0129465_5315976.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-07-29 05:43 | 寺社・仏閣
2011年 07月 28日

  円空仏を訪ねて・中観音堂と円空資料館 その1

  円空上人生誕の地と言われる岐阜県羽島市には26カ所54体の円空仏が点在します。
  暑い夏の季節に仏像を観ると益々暑さが増しそうですが、
  円空仏に向かい合うと気持ちが落ち着いて暑さも忘れますから不思議です。

  最も多くの円空仏が安置されている中観音堂・羽島円空資料館には十一面観音像を本尊に
  計17体の円空仏が並び、間近に見ることができます。
  「日本にはモナリザの代わりに円空仏の微笑がありました。」
  と観光ガイドにPRされていますが、高さ約2・2メートルの十一面観音像の慈愛に満ちた
  その微笑には、暫しの間暑さも忘れて見詰めるばかりでした。

  観音堂の中は照明もなく暗い環境でした。安置されている仏像の前面には格子戸もあって
  ストロボを使用するとそれが邪魔になって、ほとんど失敗でした。
  入口には撮影禁止となっていましたが、特別な計らいで撮影させてもらえました。

1
f0129465_512827.jpg

2
f0129465_5123080.jpg


  十一面観音像の前には、お花や供え物の台座が置かれていて等身の姿は観られない。

3
f0129465_51339100.jpg

4
f0129465_513581.jpg

5
f0129465_5141854.jpg

6
f0129465_5143778.jpg

7
f0129465_5145783.jpg


  残りの16体も一応撮りましたが、一番小さな像は11.5cmでした。
  機会がありましたら後日紹介させてもらいます。
[PR]

by sansenkiso | 2011-07-28 05:19 | 寺社・仏閣