風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 11日

琵琶湖博物館を見学する

一年に十数回も訪れる水生植物公園・みずの森と隣接して琵琶湖の湖畔、烏丸半島(からすまはんとう)

にある県立琵琶湖博物館には数年前に一度だけ行っただけでまったくご無沙汰していた。

みずの森での用件は午後からであったので開館時間の9時30分から午前中を博物館で過ご

すことにした。



小学生の団体見学が三校と50人ほどの団体客が入場口に並んでいた。
一般の入場者は別の入口から入り常設展示室は混雑しそうなので水族展示室(水族館)から見学をはじめた。
琵琶湖とその集水域の魚類を中心に環境との関わりをテーマに紹介されている。
よく出掛ける長良川と関わりのある岐阜県世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ に匹敵する施設だ。

1
f0129465_5273323.jpg

2
f0129465_5275996.jpg



常設展示室はABCと区分され琵琶湖のおいたちから歴史的な過程を紹介して
琵琶湖の環境問題までを分かり易く展示紹介してある。
内容が豊富すぎて僅か2~3時間の見学では通り過ぎるだけの結果になってしまった。
団体の小学生達は事前に学校から配布されているプリントを携えながら懸命にリポートしていた。

3
f0129465_5291050.jpg

4
f0129465_529333.jpg

5
f0129465_530012.jpg



通路の窓からは硝子越しに秋晴れで眩しく輝く琵琶湖が眺められた。

6
f0129465_530491.jpg

7
f0129465_5311759.jpg

8
f0129465_5315972.jpg



駐車場に隣接する芝生広場からは遥かに琵琶湖大橋や対岸の湖西を望むことが出来た。

9
f0129465_5325112.jpg

10
f0129465_5331475.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2008-10-11 05:39 | 公園・施設


<< 植物の表情にも秋の訪れが      蜜集めに懸命なクマバチ >>