風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 17日

夏から秋へ 閑散としているなばなの里

夏から秋への季節の移り変わりにはどの公園へ行っても花の姿が寂しくなる。

今月20日からはダリア・コスモスまつりが始るので僅かなひと時である。

園内の木々にをよく見上げてみるといろいろな実がなっているのに気がつく。


柿の実が大きくなっていた。桃も実がついていたが採取するつもりもないので落果が多い。
1
f0129465_5332559.jpg



樹間の葉の間に赤い実をつけたコブシやハナミズキも1年振りの再会である。
2
f0129465_534196.jpg

3
f0129465_5345051.jpg


ドングリは見れば直ぐ分かるがよく似た実がぶら下っているのはエゴノキの実だ
4
f0129465_5354347.jpg

5
f0129465_536155.jpg


この時期に元気になる花たちもある。
6
f0129465_5371568.jpg

7
f0129465_5374472.jpg

8
f0129465_5381096.jpg

9
f0129465_5383843.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2008-09-17 05:40 | 植物・花


<< 蜂だと思ったら蛾の仲間だった      水郷パークに秋を探す >>