風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 16日

水郷パークに秋を探す

朝夕は涼しくなったものの日中はまだ30℃を超える暑い日が続いている。

木曽川文庫へ行く途中に水郷パークを訪れてみた。

園内を巡回中の係りの方と出会って長い時間雑談をしていろいろと情報を聞くことも出来た。



日本には19種類ものドングリの木があるとのこと。
ブナ科のクヌギ・カシ・ナラ・カシワなどの果実の総称で種類も多い。

f0129465_6175868.jpg



モミジバフウ(紅葉楓)の高い樹を見上げてみると生い茂った葉の中にたくさんの実が。
とげとげのついた特徴のある実である。
10月になると美しい紅葉が見られるのが公園の売りもの。

f0129465_6192298.jpg


f0129465_6194545.jpg



モミジバフウの樹間に飛行機雲が・・・。

f0129465_620482.jpg



先日紹介したオニバスの花が随分増えていた。

f0129465_6213314.jpg


f0129465_6215834.jpg



連休には義呂池で蓮の実採取のイベントが行われる。
風車池の周辺にも秋が近づきつつある雰囲気が感じられた。

f0129465_6224142.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2008-09-16 06:31 | 公園・施設


<< 夏から秋へ 閑散としているなばなの里      園内は季節の衣替えが進んでいる >>