風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 27日

ウツボカズラ(靫葛)を観てきた

代表的な食虫植物ということは知っていたが現物に出会ったのは初めてのこと。

全国でも数鉢、岐阜県内では1鉢しかないというウツボカズラの原種というので

「原種特別展示」と立て札が出されていた。

先日灼熱の花フェスタ公園を訪ねた際にあまりの直射日光の暑さを避けて

駆け込んだ「花の地球館」に展示されていた。



ウツボカズラの捕虫器は壺のような形で、落とし穴式で虫を捕らえるようになっている。
口の周囲は反り返りツルツルになって虫が滑り落ちやすくなっている。
インドネシア、マレーシアに種類が多く最も集中しているのはボルネオ島で
キナバル山などを中心に多くの種が生育することを知った。
原種とはどういう意味なのか分からないので尋ねたかったが担当者不在であった。


1
f0129465_54851.jpg

2
f0129465_5483541.jpg

3
f0129465_5491017.jpg

4
f0129465_5494556.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2008-08-27 05:52 | 公園・施設


<< ターシャの庭を訪ねたが・・      真夏の花フェスタ公園で >>