風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 20日

西美濃お茶街道の百日紅

花を観ただけで汗が流れる百日紅がお茶畑を走る道の両側に植えられている地方道である。

県道を谷汲に抜けるトンネルの直前の茶畑の広がる真中を通るこの道を「西美濃お茶街道」と

名付けて標識まで建てられているが、知る人はあまりいない。

昔は揖斐川町から山越えをして谷汲に入ったが今はこのトンネルを抜ければよいのだ。

池田町の山麓からこの揖斐川町に掛けて作られているのが揖斐茶である。


車窓には茶畑が広がっている。

1
f0129465_1021844.jpg


トンネル入口近くの道路脇に「西美濃お茶街道」の大きな標識が立っている。

2
f0129465_1031289.jpg


真夏の暑い日に汗を流しながら、必ずこの街道へ出掛けて百日紅を観ることが
もう6~7年続いている。

3
f0129465_1071662.jpg

4
f0129465_1075482.jpg

5
f0129465_108221.jpg

6
f0129465_1085153.jpg

7
f0129465_1092061.jpg

8
f0129465_109514.jpg

9
f0129465_10101623.jpg

10
f0129465_10104519.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2008-08-20 10:14 | 風景・自然


<< 伊吹山東遊歩道を下る 4      焼物の街・常滑を歩く 4 >>