風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 08日

  姉川古戦場からの伊吹山


  木之本まで行った帰りに姉川古戦場の碑の立っている河川敷を歩いた。
   (もう2週間以上も前のことだから現状はこの河川敷も雪に埋もれているだろう。
    今夕からは再び雪の予報となっているので、風景は一変してる。)
  
  姉川の戦いは浅井・朝倉連合軍と織田・徳川連合軍の戦国時代を代表する合戦であった。
  両軍合わせて数万の戦力がこの姉川の河原で激しい戦闘したとは想像もできない風景である。
  戦いは6月であったから伊吹山には雪もなく、新緑の山々が萌える季節である。
  それから440年を経過した今は、平和な田園風景が広がっている。

1
f0129465_658015.jpg

2
f0129465_6581928.jpg

3
f0129465_6583426.jpg


  姉川に架かる野村橋の遥か西方には北近江の山々が美しかった。

4
f0129465_6591394.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-02-08 07:06 | 風景・自然


<<   大垣城雪景色        御首神社の浄火祭 >>