風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 08日

  冬景色の水郷パークセンター


  二十四節気の一つで、寒さの厳しい時期の始まりとされる「小寒」の6日、
  県内は各地で最低気温が平年を下回り、冬らしい冷え込む一日となりました。
  朝方の気温はこのところ連日氷点下、天気予報では晴れとなっていても
  日中も若狭湾方面の雪雲が流れてきて灰色の空模様が続く毎日です。

  今年になって初めて木曽三川公園の水郷パークセンターを訪れてみました。
  訪ねる人もいない静寂な公園の冬枯れの景色を楽しんできました。

  インフォーメーションハウスは開園休業状態で閑散としていた。

1
f0129465_1215510.jpg


  
  初夏には華やかな「ぎろ池」も静寂の世界。
  オオバンの泳ぐ水音だけが聞こえるだけ。
  池にそっと近づくと、一斉に十数羽が岸辺から泳いで逃げてしまった。

2
f0129465_1221350.jpg

3
f0129465_1223267.jpg

4
f0129465_123795.jpg


  センター内に10棟ほどあるパートナー棟では16種類もの作品展示が
  連日行われており、1月には30以上の教室が開かれている。
  教室が開くのは1月7日からなので、訪れた前日は閑散としていた。

5
f0129465_1232674.jpg

6
f0129465_12343100.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-01-08 12:09 | 公園・施設


<<   ぎろ池の枯れ蓮        静寂の瑞巌寺 >>