風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 03日

  アオサギに出会う


  田圃の水路や河川でよく姿を見かけるアオサギは用心深くて近づいて撮るのが難しい。
  アオサギ(蒼鷺)は世界に広く分布するコウノトリ目サギ科に分類される鳥である。
  調べてみたら、日本では夏季に北海道で繁殖し(夏鳥)、冬季に九州以南に越冬のため飛来する(冬鳥)。
  本州、四国では周年生息する(留鳥)であるという。
  全長88-98cm 翼開張150-170cm の巨大な飛翔姿も魅力がある。

  彼岸花の咲く津屋川の堤防の下の方の木立の中に静かにたたずむ姿を見つけた。
  朝食の餌を探しているのか、食後の一服なのか、飛び立つことはなかった。

1
f0129465_5115483.jpg

2
f0129465_512342.jpg

3
f0129465_513080.jpg

4
f0129465_5133245.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-10-03 05:15 | 風景・自然


<<   金生山明星輪寺の彼岸花 その1        クロアゲハを追って >>