風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 29日

  津屋川堤防の彼岸花


  お彼岸に合わせるように津屋川の堤防が真っ赤に染まるのが、
  この2年前までの当然の光景でしたが、昨年の不作に続いて
  今年もやはり花の少ない寂しい風景になってしまいました。
  今朝の新聞の地方版には、台風の影響とか河川の増水による被害が
  その原因だと書かれていましたが、
  本当の理由はこの堤防の管理や手入れに問題があるように思いました。
  数年前から観光雑誌や旅行誌などに取り上げられて知名度も高まり
  遠隔地からも大勢の人が訪れるようになったことに対する
  思いあがりがあったかも知れません。

  3年前には手漕ぎ船が登場して投網が打たれる光景が観られました。
  この光景が人気となって津屋川を訪れる人も急増しました。


1
f0129465_6122610.jpg

2
f0129465_6124651.jpg

3
f0129465_613378.jpg

4
f0129465_6132347.jpg


  23日の状況は実に無残は光景でした。
  午前8時ごろには大勢のカメラマンが訪れていましたが
  皆さん失望の色が濃いようでした。
  彼岸花は何処に咲いていても同じように綺麗な花ですが、
  その花の咲く周囲の環境や背景や添景によって違う花に見えるから不思議です。

5
f0129465_6143929.jpg

6
f0129465_615467.jpg

7
f0129465_6152469.jpg

8
f0129465_615466.jpg

9
f0129465_616595.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-09-29 06:18 | 植物・花


<<   クロアゲハを追って        神照寺の萩 その2 >>