風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 29日

  円空仏を訪ねて・中観音堂と円空資料館 その2


  観音堂を継承・管理するのは円空上人遺跡顕彰会で地元の上中町の皆さんです。
  観音堂に隣接して円空資料館がありますが、市から若干の補助はあるそうですが
  地元の上中町の皆さんで運営されているそうです。

  羽島の円空仏の認定に深く係わられたのは梅原 猛さんと聞いて驚きました。
  梅原 猛(うめはら たけし)さんは、日本を代表する哲学者。京都市名誉市民。
  ものつくり大学総長(初代)、京都市立芸術大学名誉教授、国際日本文化研究センター名誉教授。
  東日本大震災復興構想会議特別顧問(名誉議長)。
  立命館大学文学部教授、京都市立芸術大学学長、国際日本文化研究センター所長(初代)、
  社団法人日本ペンクラブ会長(第13代)などを歴任されました。


  前回ご紹介した「円空さんの遊びと笑いの歌」は梅原猛さんの円空歌集にあるそうです。
  円空資料館には、全国にある円空仏をレプリカや写真などで紹介。
  円空顕彰会の活動の紹介もされていました。

1
f0129465_5283249.jpg

2
f0129465_5285240.jpg


  資料館のすぐ横には「円空上人産湯の井戸」も。

3
f0129465_5294013.jpg

4
f0129465_530298.jpg

5
f0129465_5302287.jpg

6
f0129465_5304666.jpg


  帰路に大賀ハス田に寄ってみましたが、広い蓮田に花は数輪だけでした。
  今年も不作に終わったようです。
  たくさんのまつりの幟が風に揺れているのも寂しい光景でした。

7
f0129465_5314159.jpg

8
f0129465_5315976.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-07-29 05:43 | 寺社・仏閣


<<   真清田神社(ますみだじんじゃ)        円空仏を訪ねて・中観音堂と... >>