風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 08日

  賤ヶ岳古戦場 1


  梅雨時のこんな蒸し暑い時に訪れる理由などまったくないけれども
  先日、湖北の木之本へ行った際に寄らなかったので梅雨の晴れ間をぬって賤ヶ岳へ。
  三等三角点のある賤ヶ岳は標高 421.13mであるから歩いて登れば2時間が必要だ。
  麓からリフトを利用すれば6~7分で上ることができるのでもちろん利用した。
  前後にまったくお客のいないまるで貸切りのリフトに乗って上へ。
  リフトを降りて20分ほど登ると山頂に達する。

   賤ヶ岳合戦について、余呉町教育委員会が作成された素晴らしい資料が
   ありますのでご紹介します。
   『余呉の庄と賤ヶ岳の合戦』をご覧になることをお奨めします。

1
f0129465_5115541.jpg

2
f0129465_5121871.jpg


  こんなところにも大河ドラマ「江~姫たちの戦国」の宣伝があるのには驚いた。

3
f0129465_5133288.jpg


  リフトを降りたところに賤ヶ岳の七本槍の旗で飾られた土産屋さんがあるのにも吃驚。

4
f0129465_5142973.jpg


  用意された杖を使ってゆっくり歩きはじめると左方に琵琶湖の北端の入り江が見えてくる。
  どんよりとした空模様で展望はよくないがさらに左には竹生島の姿も。

5
f0129465_5152228.jpg

6
f0129465_5154986.jpg


  頂上への途中には賤ヶ岳合戦戦没者の霊地があって気持ちが冷えゞとした。

7
f0129465_51640100.jpg

8
f0129465_517245.jpg

9
f0129465_5172195.jpg

10
f0129465_517553.jpg

11
f0129465_5181972.jpg


  最後の一汗をかくと右下に湖北の集落が一望できる。
  天気が良ければ伊吹山も見えるのだが・・・
  中央の小高い山が江の生まれた小谷城のあった小谷山だろう。

12
f0129465_5191853.jpg


  賤ヶ岳から南に伸びる稜線の先端が山本山。
  左には湖北の平野が広がり右には琵琶湖が。

13
f0129465_5202099.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-07-08 05:24 | 風景・自然


<<   賤ヶ岳古戦場 2        蓮田の調整池のオタマジャクシ >>