風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 21日

  徳源院・清瀧寺の道誉ざくら 2


  境内には二本の桜の古木が咲いていたが
  これが二代目と三代目であることをはじめて知った。
  境内に入って右側は案内札もあってこれが道誉ざくらの二代目で
  左側に植えられているのが三代目であった。
  二代目はさすがに古木で添木が何本も立てられている。

1
f0129465_529299.jpg

2
f0129465_530196.jpg


  三代目はまだ逞しく枝をいっぱいに広げて咲き誇っていた。

3
f0129465_5305698.jpg


  二代目と三代目を重ね合わせて眺めると実に壮大な姿となる。

4
f0129465_5315643.jpg

5
f0129465_5322796.jpg

6
f0129465_533359.jpg

7
f0129465_5333119.jpg


  庫裏の窓ガラスに映る道誉ざくら。

8
f0129465_5341752.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-04-21 05:36 | 寺社・仏閣


<<   春爛漫のなばなの里 2        徳源院・清瀧寺の道誉ざくら 1 >>