風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 20日

  徳源院・清瀧寺の道誉ざくら 1


  中山道60番目の宿場・滋賀県米原市の柏原宿を少し山沿いに入ったところに
  徳源院(清瀧寺)がある。京極家墓所のある菩提寺で国と県の史跡に指定されている。
  京極家五代目の京極高氏公が植えたと伝えられる道誉ざくらが見頃を迎えた。
  樹齢600年を経る古木であるが優雅な姿が今年も観られて満足して帰った。
  道誉ざくらはエゾヒカンザクラの一種で糸ざくらとも呼ばれている。

  人通りのほとんどない参道では満開の染井吉野が風に散っていた。
  この辺りは山に近く開花も遅かったのでまだ桜の花は健在であった。

1
f0129465_543092.jpg


  大河ドラマの三姉妹の次女が嫁いだ先が京極家でその菩提寺がこの徳源院。
  PRののぼりがところどころに立てられていた。

2
f0129465_555899.jpg

3
f0129465_562231.jpg


  午後から雨になる予報で、薄日が射したり薄雲がかかったりの不安定な天気。
  道誉ざくらは盛りを過ぎたところで風で花弁が散りはじめていた。

4
f0129465_572440.jpg

5
f0129465_57556.jpg

6
f0129465_5821100.jpg

7
f0129465_584479.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-04-20 05:12 | 寺社・仏閣


<<   徳源院・清瀧寺の道誉ざくら 2        春爛漫のなばなの里 1 >>