風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 05日

  開田高原管沢からの御岳山


  往路は黒沢からの県道20号で鹿の瀬駅へ入ったが
  帰路は管沢を経由して開田村に入りR361で木曽福島へ戻った。
  途中、管沢に入る直前に御岳の姿がくっきり眺められる地点があるというので
  注意をしながら下ると突然御岳の姿が飛び込んできた。

  開田とは標高1千mを超える高所に稲田を開いたことによって命名されたと聞いている。
  この管沢近辺から御岳を一望すると眼下の集落には田圃を見ることが出来て
  その遥か遠方に御嶽山がどっしりと横たわっている。
  これが開田村の原風景なのだろう。


1
f0129465_6341030.jpg

2
f0129465_6343160.jpg

3
f0129465_6345165.jpg

4
f0129465_635989.jpg

5
f0129465_6352718.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2009-09-05 06:37 | 風景・自然


<<   アサギマダラの印象        赤そば畑の散策 その2 >>