タグ:紫陽花 ( 30 ) タグの人気記事


2011年 07月 13日

  余呉湖の紫陽花


  賤ヶ岳古戦場から眺めた余呉湖へ寄ってきた。
  余呉町観光協会のブログ情報では7日現在であじさい日和と書かれてあったが
  見頃であるとは表現してなかったのは事実である。
  余呉湖湖岸のあじさい園は1万数千株が600m以上にわたって植栽されている。
  湖岸に沿って紫陽花を観ながら散策できることは嬉しかったが、
  花はすでに盛りを過ぎている感がした。

1
f0129465_6563446.jpg

2
f0129465_6565698.jpg

3
f0129465_6571742.jpg


  対岸に国民宿舎・余呉湖荘が見えるが、
  賤ヶ岳の山頂からここに下るハイカーも多いようだ。
  湖岸で沙羅の樹が3本もあり、花が観られたのは収穫だった。

4
f0129465_6581944.jpg

5
f0129465_6583934.jpg

6
f0129465_6585963.jpg

7
f0129465_6592218.jpg

8
f0129465_6594789.jpg

9
f0129465_70717.jpg

10
f0129465_703161.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-07-13 07:02 | 風景・自然
2011年 06月 30日

  弓削禅寺の紫陽花 2


  この日はお天気も雨模様で、雨は降らなかったが池田山は雲に覆われていた。
  午後であったので出会った見物客も少なくて、閑静な雰囲気の中でゆっくり見物できた。
  途中で造園業者と一緒の住職さんに出会った。
  すでに来年の植栽計画の打ち合わせをしているようだった。
  今年は新芽を鹿や猪に荒らされて予想していた開花状況にならなかったと嘆いて話された。
  この辺りの山域には鹿や猪や猿が非常に多く生息しており、去年の暮れには熊の出没が続いた。

1
f0129465_528264.jpg

2
f0129465_529124.jpg

3
f0129465_5292243.jpg

4
f0129465_5294246.jpg

5
f0129465_530148.jpg

6
f0129465_5303576.jpg

7
f0129465_5305690.jpg

8
f0129465_5311492.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-06-30 05:33 | 寺社・仏閣
2011年 06月 29日

  弓削禅寺の紫陽花 1


  池田山山麓(岐阜県揖斐郡池田町段)にある西美濃三十三霊場第九番札所が阿梨耶山 弓削禅寺。
  平生はこの山中のお寺を巡礼する人も少ないけれど、この時期には紫陽花を見物人が多いと聞いた。
  池田山麓は何時ものドライブ散歩のコースであるから、数日前に少し山道を上って見物して来た。
  1万とも2万ともいわれる膨大な紫陽花が、高さ10m以上もあり長さが100mもある山腹に
  数段にわたって植栽されているのだから豪勢な紫陽花畑である。
  普通の紫陽花畑はそれほど起伏のない平地にあるから、この山腹の立体感は抜群である。
  標高が少し高いせいか花の開花が少し遅れているので、これからが本格的な見頃を迎えるだろう。

1
f0129465_8561426.jpg

2
f0129465_856388.jpg

3
f0129465_8565849.jpg


  下から見上げた様子が観たかったが足元が雨でぬかるんでいたので
  この日は上からだけの見物になった。

4
f0129465_8575953.jpg

5
f0129465_8581893.jpg

6
f0129465_8583948.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-06-29 09:00 | 寺社・仏閣
2011年 06月 21日

  墨俣犀川堤の紫陽花


  木下藤吉郎・蜂須賀小六の登場する墨俣一夜城の城址のある犀川堤の紫陽花を観に行った。
  1566年(永禄9年)に木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)が一夜城を築いたという逸話がある。
  墨俣一夜城は大垣城を模して造られた墨俣歴史資料館である。
  墨俣町は2006年に大垣市に飛び地合併した。
  墨俣犀川堤の桜は昔から有名であるが、紫陽花はあまり知られておらず
  市が懸命にPRしているので犀川堤を訪ねてみた。
  19日はあじさい祭りということでボランティアによる植栽が行われていた。
  市のHPで紹介されているほど花もなくていかにも寂しいあじさい祭りであった。

1
f0129465_4572746.jpg

2
f0129465_4574910.jpg

3
f0129465_4581017.jpg

4
f0129465_4583332.jpg


  時々小雨の降るどんよりとした梅雨空だから、紫陽花に花がもう少し咲いていてくれたら
  楽しい撮影もできたのに、気持ちまで湿ってしまった。
  紫陽花の花の咲いている位置からは一夜城も右手遠方の岐阜城も見えないので
  紫陽花の花を手持ちして写真にしてみた。
  堤防の向こう側には長良川が流れている。

5
f0129465_4594655.jpg

6
f0129465_50581.jpg

7
f0129465_502431.jpg

8
f0129465_504676.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-06-21 05:10 | 風景・自然
2011年 06月 18日

  なばなの里のあじさい・はなしょうぶ園


  今年もあじさいロードの展示が5月下旬から始まっている。
  「あじさいロード」とは、全長200mの「あじさい・花しょうぶ園」への歩経路のことで
  約70種類300鉢の珍しいあじさいが並び例年人気を博している。
  「あじさい・花しょうぶ園」は毎年、初夏の5月下旬にオープンするけれども
  今年は開花が10日以上も遅れて10日ほど前に訪れた時には開花がはじまったところ。
  事前の開花情報でそのことは承知していたので、あじさいロードの鉢植を楽しんできた。
  毎年このあじさいロードは見物して写真も撮っているので、その様子を少しだけアップ。

  8,000坪の広大な敷地の「あじさい園」ではやっと一部の紫陽花が色付きはじめたところ。
  しょうぶ園も花がちらほらであったから、今頃は花も増えていることだろう。

1
f0129465_994710.jpg

2
f0129465_91099.jpg

3
f0129465_9102922.jpg


  あじさいロードの鉢植も毎年観ているので最初の頃の感激も薄れて平凡に見えるから不思議だ。
  去年の写真の方が良かったと思えるのは、己の描写力が低下している証拠なのだ。

4
f0129465_911268.jpg

5
f0129465_9114739.jpg

6
f0129465_912484.jpg

7
f0129465_9122381.jpg

8
f0129465_9124026.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-06-18 09:16 | 公園・施設
2010年 06月 29日

  グルマンの森

  テレビ各社で放映されて紹介された影響もあってこのところ人気は急上昇してるらしい。
  昔はマルセパンと呼ばれていたが、今ではグルマンヴィタルとして愛知県にも3店舗と
  地元の岐阜県の3店舗と合わせて6店舗で営業されている。

  垂井本店は何時も駐車場が満車なので暫く行かなかったところに
  bit_ameさんからグルマンの北側駐車場を教わり早速現地へ行ってきた。
  グルマンの森と呼ばれる木立には古風なアトリエ・ヴィタルの建物や
  石窯パン工房があるのには驚いた。

1
f0129465_5284928.jpg

2
f0129465_5291461.jpg

3
f0129465_5293753.jpg

4
f0129465_529562.jpg

5
f0129465_5301561.jpg

6
f0129465_5303648.jpg

7
f0129465_5305553.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-06-29 05:37 | その他
2010年 06月 29日

  山麓の紫陽花 2


  途中の大津谷には以前は谷沿いに美しい紫陽花が咲いたものだが一昨年の
  豪雨による土石流で谷が埋まってしまって、その後の改良工事で紫陽花はほとんど姿を消した。
  さらに道を北にたどって山麓道路も終わりになるところに100mほど
  突然美しい紫陽花の続く場所がある。緩やかなカーブを廻って正面に小島山が見えるところだ。
  何故この場所に色とりどりの美しい紫陽花が植えられているのかと、何時も不思議に思う。

1
f0129465_5548.jpg

2
f0129465_552840.jpg

3
f0129465_555917.jpg

4
f0129465_561845.jpg

5
f0129465_563820.jpg

6
f0129465_565693.jpg


  谷沿いで突然ピンクの花が目に入ったので確認してみたら
  ネムの木に少しだけ花が開いていた。

7
f0129465_5121137.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-06-29 05:09 | 風景・自然
2010年 06月 28日

  山麓の紫陽花

  何時ものドライブ散策道・池田山麓で出会う紫陽花はほとんど野生化したような花。
  山裾の雑木林の片隅とか、茶畑の石垣に雑草に混ざって咲いている紫陽花である。
  ほとんど人手が加えられていないから秋口になっても花が見られることもある。
  誰が何時植えたものなのか・・・季節になると雑木や雑草に綺麗な花が咲いている。
  びっしり蜘蛛の糸が絡みついている花もある。
  車を停めてこれらの紫陽花の花を観て行く人を見かけたこともない。

1
f0129465_6441144.jpg

2
f0129465_6443538.jpg

3
f0129465_645272.jpg

4
f0129465_6452655.jpg

5
f0129465_6454748.jpg

6
f0129465_646860.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-06-28 06:48 | 風景・自然
2010年 06月 28日

  墨俣一夜城跡


  織田信長による美濃侵攻にあたって、1566年(永禄9年)に木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)が
  一夜城を築いたという逸話に基づいて築造された模擬天守(資料館)がある。
  竹下内閣が「ふるさと創生資金」として全国の市町村に1億円を配布した。
  平成3年、墨俣町(現在は大垣市の飛び地)はこの1億円を基に金の鯱(しゃちほこ)が目を惹く
  五階の天守を築いて「墨俣一夜城歴史資料館」とした。
  木下藤吉郎が築いた墨俣城は木造の砦で、この模造天守とはまったく無関係である。

  この一夜城址を流れる犀川(さいがわ)の堤防1kmに紫陽花が植栽されていると聞いて行ってみた。
  駐車場に車を停めて散策を・・と思った途端に雨が降り始めて撤退となった。

1
f0129465_6344737.jpg

2
f0129465_635938.jpg

3
f0129465_6353171.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-06-28 06:39 | 風景・自然
2010年 06月 22日

  水に浮かぶ紫陽花

  この園に行った時には必ず寄ることにしているそば処「芭蕉庵」の入口で見つけた光景。
  たった一房の紫陽花の花も道端に落ちていれば塵であるが
  こうして水に浮かべられていると絵になるものだと感心した。

1
f0129465_2123887.jpg

2
f0129465_21233337.jpg

3
f0129465_21235728.jpg

4
f0129465_21242517.jpg

5
f0129465_21244692.jpg

6
f0129465_2125798.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-06-22 21:26 | 植物・花