風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ

タグ:明の十三陵 ( 1 ) タグの人気記事


2012年 06月 20日

  世界遺産・明の十三陵(定陵) 証拠写真その3


  北京の中心から北西へ約50km、天寿山南麓に広がるのが「明の十三陵」です。
  15世紀初頭の明朝の3代皇帝「永楽帝」から7代皇帝を除く、
  16代皇帝まで13人の陵墓が散在しています。
  現在一般公開されているのは、「永楽帝」の陵墓である「長陵」、隆慶帝の陵墓「昭陵」、
  そしてここ14代皇帝である「万歴帝」の陵墓「定陵」の3つだけです。
  定陵の特徴は地下数10mに作られた地下墳墓にあります。
  後年、明の財政をひっ迫させたとも言われる大理石をふんだんに使用した
  贅沢な定陵の建設には驚くばかりです。

1
f0129465_653127.jpg

2
f0129465_653274.jpg

3
f0129465_6534693.jpg

4
f0129465_654238.jpg

5
f0129465_6541875.jpg


  墳墓へ行く途中で面白い光景を見ました。
  貸しものの、時代衣装を着て記念写真を撮っているご夫婦でした。
  ご夫婦は容貌から中国人だと思いましたが、
  カメラマンは FUJIFILM のブレーカーを着用していました。

6
f0129465_6551884.jpg

7
f0129465_6553354.jpg

8
f0129465_6555156.jpg

9
f0129465_656660.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-06-20 06:59 | 旅行