タグ:三島池 ( 16 ) タグの人気記事


2012年 01月 18日

  快晴の伊吹山


  前日は終日曇りだったのに、早朝から雲ひとつない素晴らしい快晴となった。
  二日前に三島池(滋賀県山東町)へ行った時には雪が降っていて何も見えなかった。

  関ヶ原を過ぎて通称「玉街道」と呼ばれる国道365号から車窓の右手に
  真っ青な空に真っ白に冠雪した伊吹山の姿が眺められる。
  山東町の春照(すいじょう)地区から国道を左折すれば間もなく三島池である。
  初めてこの三島池から伊吹山を眺めたのは30年も昔のことであった。
  春夏秋冬これまでに数え切れないほど訪れているが、平凡でも飽きない風景である。

  天候不順なこの冬季にまったく邪魔する雲もなく、青空に姿が観られるのは珍しいことだ。
  紺碧の空が青すぎて眩しく眼が痛いほどであった。
  写真と撮るよりも自分の肉眼で風景を楽しむことに専念した。

  未明の冷え込みが厳しくて、池の水面には薄氷は張っていたのだろう。
  それが少し解け始めて逆さ伊吹の姿は鮮明には観られなかった。

1
f0129465_10145067.jpg

2
f0129465_10151560.jpg


  飛来している鴨などの野鳥も多い池 
  薄氷が邪魔なのだろうか 水辺の樹下で休んでいた。

3
f0129465_1016188.jpg

4
f0129465_10161567.jpg

5
f0129465_10163065.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-01-18 10:18 | 風景・自然
2011年 05月 28日

  新緑の三島池 2


  幼児を連れた若いお母さんたちが新緑の公園で楽しそうに散歩をしていた。

1
f0129465_5255172.jpg

2
f0129465_5261388.jpg


  キャンプ場の炊事場小屋も緑に埋まっていた。

3
f0129465_5265621.jpg

4
f0129465_527183.jpg


  新緑ばかりが目だって靄にかすんだ伊吹山は精彩を欠いていた。
  山麓の菜種畑に活力が見られないのもお天気のせいだと諦めた。

5
f0129465_5281172.jpg

6
f0129465_5283084.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-05-28 05:29 | 風景・自然
2011年 05月 28日

  新緑の三島池 1


  一年を通じて頻繁に訪れる三島池(滋賀県米原市)も新緑に染まっていた。
  渡り鳥はすでに帰ってしまって、マガモが子育てをする様子が観られる。
  この池がマガモの自然繁殖南限地と認められ県指定天然物に指定されたのは昭和32年。
  環境の変化ととも、最近ではほとんどオシドリが観られなくなったのは寂しいことだ。

1
f0129465_518386.jpg

2
f0129465_518367.jpg


  首を水中に突っ込んで逆立ちしながら水底の水草を採る仕草は愉快だ。

3
f0129465_5193293.jpg

4
f0129465_5195392.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-05-28 05:24 | 風景・自然
2011年 02月 12日

  結氷した三島池


  このところの大雪で暫く足が遠のいていた山東町(米原市)の三島池へ行ってきた。
  福井県のあの豪雪がそのまま滋賀県へ流れ込んでくるから、琵琶湖の北東部にあたる
  長浜市の余呉町や米原市の山東・伊吹地域も想像を超える豪雪となった。
  三島池も南東の一部に池の面が見えるだけでほぼ全面的な結氷となっていた。
  飛来してこの池で越冬する鴨たちも氷の境界に沿って列をつくって体を休めていた。
  数も相当に減っているのは餌不足もあって、琵琶湖へ移動したのだろうか。

1
f0129465_102853.jpg

2
f0129465_10283291.jpg

3
f0129465_10285039.jpg

4
f0129465_102994.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-02-12 10:30 | 風景・自然
2011年 01月 17日

  静寂の三島池


  夜半には急風が吹き荒れて未明から降り始めた雪が朝方には10cmとなっている。
  朝の気温は氷点下4℃で日中も3℃までしか気温が上らない底冷えのする寒さ。
  そしてあれから24時間雪は降り続いて今朝(17日)もまだ降り続いている。
  積雪はすでに40cmを超えたことだろう。

  四日前に関ヶ原を越えた滋賀県のR21には雪もないと聞いたので米原市山東町の三島池へ。
  関ヶ原の今須峠を越えると急に雪も多くなることは経験的によく知っている。
  幹線道路から少し脇道に入れば道路は凍結しているのでスタッドレスは常識である。
  厳しい冷え込みと道路の積雪を予想してこの日は訪れる人も少なかった。
  鴨の飛来する池の向こうに雪化粧の伊吹山がくっきり見えるので人気のポイトになっている。
  雪化粧している時は痛々しい山肌が隠されているのでこの時期の姿が一番好まれる。
  自宅を出る時にはくっきりとその姿が見えている時でも、気象変化の激しい頂上付近では
  現地へ着いてみると雲に隠れていることがよくある。
  30分以上待ってみたが、
  頂上付近には絶えず北西方面から雲が流れ込んですっきりしなかった。
  池の周囲は結氷しているために鴨たちも岸辺には近づけなくて困っている様子だった。
   (昨日からの大雪で三島池へ行くことはもう不可能となっていますが・・・。)1
f0129465_7555650.jpg

2
f0129465_7561479.jpg

3
f0129465_756335.jpg

4
f0129465_756538.jpg

5
f0129465_7571125.jpg

6
f0129465_7573075.jpg


  湖畔にある芝生広場は一面が雪原に変身していて静寂の世界を散歩した。

7
f0129465_7582131.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-01-17 08:01 | 風景・自然
2010年 12月 29日

  迎春準備の終わった三島神社


  19日に三島池を訪れた時には、日曜日ということもあって集落の皆さん揃って
  正月を迎える注連縄張りや門松の飾りに精を出していた。
  そうした準備の作業に出会ったのは初めてのことだったので見物させてもらった。
  古老が注連縄の位置を的確に指示して作業も順調に進んだ。
  前日に降った雪で伊吹山も美しい姿を見せてくれた。

1
f0129465_6142.jpg

2
f0129465_61492.jpg

3
f0129465_621882.jpg

4
f0129465_624221.jpg

5
f0129465_63652.jpg

6
f0129465_632756.jpg


  その一週間後、寒波の襲来で雪が降ったので再び三島池を見て来た。
  伊吹山には灰色の雪雲がかかっており小雪がちらついていた。
  三島神社はすっかり迎春準備も終わっていた。

7
f0129465_643214.jpg

8
f0129465_645331.jpg


  帰路に立ち寄った伊吹山山麓の寺林集落は眠ったように静まり返っていた。

9
f0129465_654348.jpg

10
f0129465_66689.jpg


  岐阜県に入った垂井町の伊吹地区もやがて深い雪に閉ざされるだろう。

11
f0129465_665624.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-12-29 06:10 | 風景・自然
2010年 08月 05日

  伊吹山のお花畑


  シモツケソウの見頃だと言うのにこの一週間ほど天気が不安定で悩ましい。
  2~3日前の予報では今日から(5日)は快晴となっていたので早朝に出発するつもりだった。
  ところが昨日の夕刻の予報ではお天気マークが、晴れから一変して曇りに変わってしまって
  にわか雨や雷もあるだろうというから、急遽今朝の出発を中止した。
  10日ほど前に三島池から眺めた伊吹山は夏空の下に雲ひとつかかっていなかったのに
  今朝は我家の二階から伊吹山の姿は雲に隠れて見ることが出来ない。

1
f0129465_6275542.jpg

2
f0129465_6282234.jpg

3
f0129465_6284213.jpg

4
f0129465_629024.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-08-05 06:31 | 植物・花
2010年 01月 18日

  伊吹山と三島池 その2


  伊吹山の頂上付近は青空が広がっているのに三島池の上空はほとんど雲に覆われていて
  明暗が顕著な写真ばかりになってしまった。
  雲が去ってくれるのを願いながら待機している間に200枚ほど撮ったものの
  同じような写真ばかりで、ほとんどを残念ながら廃棄した。

  美濃と近江の県境にある伊吹山は独立峰で高度も低くて姿は悪いけれども百名山の一つ
  昔は何度も四季を通じて登ったしスキーも楽しんだ。数年前からは夏季の頂上お花畑
  訪れて多くの高山植物を楽しんでいる私の大好きな山である。

1
f0129465_11361329.jpg

2
f0129465_11363447.jpg

3
f0129465_11365673.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-01-18 11:47 | 風景・自然
2010年 01月 13日

  雪に埋もれた三島神社


  訪れた時には参拝することにしている池の畔の三島神社は参道が雪に埋まって入れない。

1
f0129465_5573917.jpg

2
f0129465_558493.jpg


  北西方面から流れる雲が伊吹山の山腹を覆って頂上付近を見せたり隠したりを続けた。

3
f0129465_5585663.jpg

4
f0129465_559221.jpg

5
f0129465_5594139.jpg


  鴨などの水鳥も水面の開いた周辺にかたまって集まっているがほとんど動かない。

6
f0129465_603718.jpg

7
f0129465_61289.jpg


  寒い池の畔で雲が取れないものかと1時間ばかり待ってみたが
  流れてくる雲は増えるばかりで遂に姿を見せてくれなかった。

8
f0129465_62772.jpg

9
f0129465_622610.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-01-13 06:04 | 風景・自然
2010年 01月 10日

  伊吹山と三島池


  6~7日にかけて関ヶ原の西の滋賀県の湖東・湖北地方には大雪が降った。
  大晦日から正月にかけては関ヶ原の東の岐阜県の西濃地方で大雪になったのとは反対である。
  岐阜県側からは青空にくっきりと浮かび上がる冠雪の伊吹山が美しかったので
  関ヶ原を越えてからの国道365号の道路状況を調べることもなく三島池へ向かった。

  関ヶ原の玉地区を過ぎて山東町に入ると急に積雪も深まり国道は大型の除雪車が稼動中であった。
  駐車場の雪は取除いてあったので、そこで長靴に履き替えて三島神社付近まで歩くことにした。
  北西方向から流れる雲が山腹を隠し続けて1時間ほど現地で待機したが全山の姿を見せなかった。
  池に面には薄氷が張って水鳥たちは一箇所に集まって休んでいた。
   (写真の整理がつきましたらアップしますので今回は取り急ぎ2枚だけ)


f0129465_10575334.jpg


f0129465_10581198.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-01-10 10:59 | 風景・自然