風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 13日

  今週はお休みします


  今日から旅行に出掛けますので

  今週中はお休みします。

  帰りましたらまたよろしく・・・。
f0129465_171379.jpg


f0129465_1715835.jpg


f0129465_172153.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-05-13 17:04 | その他
2012年 05月 12日

  杭瀬川公園の散策


  広い公園の中の何本にも別れた散策路を廻れば2時間ほどかかるだろうか。
  杭瀬川沿いではアオサギもやって来るし、この日はカワセミを初めて観ることが出来た。
  距離は20m以上もあって写真に撮ることはできなかったが、すぐ逃げられてしまった。

  沼地に咲いているのはカキツバタで水のないところに咲いているのはアヤメのようです。
  花に網目模様があり乾燥したところに生育するのがアヤメで
  網目模様がなくて水中や湿った所に育つのがカキツバタだそうです。
  早くもカキツバタは満開でした。

1
f0129465_6523028.jpg

2
f0129465_652444.jpg

3
f0129465_6525866.jpg


  普通はアヤメが咲いてからカキツバタが咲くようですが
  まだアヤメは大半が蕾の状態でした。

4
f0129465_6533654.jpg


  一般的には5月下旬頃から咲き始めるコウホネ(河骨)が咲き始めていました。
  根茎が白色で肥大し,これが白骨のように見えるので河骨とか川骨と呼ばれるます。

5
f0129465_6542939.jpg


  西洋タンポポやハルジオン(春紫苑)が一面に咲き乱れ
  まるで何処かの草原を歩いているような錯覚を覚えました。

6
f0129465_6551037.jpg

7
f0129465_6552459.jpg


  お天気で見通しが良い日には正面に伊吹山が望めます。
  この日は霞んでいてうっすらとその姿が確認できました。

8
f0129465_6553920.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-05-12 07:02 | 公園・施設
2012年 05月 12日

  八甲田山 雪の回廊


  4月1日に開通した国道130号線「酸ケ湯温泉~谷地温泉」間は
  「八甲田十和田ゴールドライン」とも呼ばれるそうです。
  今冬は豪雪だったので雪の壁は例年より2, 3メートル高く
  10メートル以上のところもあるとか。

  道路は片側一車線ずつですから勿論駐停車はまったくすることもできません。
  ただ雪の壁を通過するだけですから窓外の白い壁を眺めているばかり。
  途中最高点の傘松峠(1040m)を過ぎた辺りから八甲田の山々が見えてきました。
  見苦しい写真ばかりですが、これが唯一の収穫でした。
  
  (八甲田雪中行軍遭難事件は新田次郎により『八甲田山死の彷徨』として
  1971年(昭和46年)に小説化され、さらにこの小説を原作とした
  1977年(昭和52年)の映画『八甲田山』で一般に広く知られることになりました。)


1
f0129465_6432481.jpg

2
f0129465_6433874.jpg

3
f0129465_6435166.jpg

4
f0129465_644468.jpg


  途中の酸ヶ湯インフォーメイションセンターで小休止しましたが
  大きな除雪車が稼働中で雪の深さを実感しました。

5
f0129465_6445054.jpg

6
f0129465_6451129.jpg

7
f0129465_6452688.jpg

8
f0129465_6453930.jpg

9
f0129465_6455390.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-05-12 06:49 | 旅行
2012年 05月 11日

  新緑の杭瀬川スポーツ公園


  杭瀬川スポーツ公園は平成7年に杭瀬川の広大な河川敷(15.0h)を利用して造られた公園です。
  野球場、ソフトボール場、多目的広場(サッカー場等)のスポーツゾーンと
  既設河道の利用や樹木を極力残すなど、自然環境に配慮して整備され
  水生植物などの観察ゾーンが共存した公園です。
    (杭瀬川は池田山周辺に源を発し揖斐川支流の牧田川に合流する一級河川です。)

  休日にはソフトボールやサッカーや野球の試合が行われ大勢の人が集まりますが
  平日は散策する人の姿も疎らで、静かな自然観察が楽しめるところです。
  ケヤキなどの大きな樹木もたくさんありますから、この時期は新緑に輝きます。

  この日はお天気は晴れているのか曇っているのか区別できないような
  不思議な天気で、いつもならくっきり見える養老山脈や伊吹山も霞んでいました。

1
f0129465_6112694.jpg

2
f0129465_6115147.jpg

3
f0129465_6121010.jpg


  柳の若葉も柔らかく、水辺の睡蓮もやがて美しい花を見せてくれます。

4
f0129465_6125325.jpg

5
f0129465_61395.jpg


  1時間ほど歩いたら汗ばむほどの気候です。
  もう立夏も過ぎて暦では夏ですから。
  シオカラトンボ・モンシロチョウ・アメンボにも出会いました。

6
f0129465_614165.jpg

7
f0129465_6141878.jpg

8
f0129465_6143817.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-05-11 06:19 | 公園・施設
2012年 05月 10日

  雪で閉ざされていた奥入瀬渓流


  十和田湖畔子ノ口(ねのくち)から焼山までの約14kmの奥入瀬川の渓流が
  国指定の特別名勝及び天然記念物になっている奥入瀬渓流です。

  数年前に訪れた時は雪もすっかり解けた初夏の頃でしたから
  渓流沿いを2時間ほど歩いたことがありました。新緑を流れる美しい渓流と
  左右から落ちる滝を眺めながら散策を楽しんだことを思い出していました。
  これらの美しい光景はネット上でたくさん観ることができます。

  訪れた時は、渓流沿いはまだ雪に覆われており渓流散策は不可能な状態。
  渓流沿いのR102は冬季も除雪されて通行が可能だそうです。
  道路上は一切駐停車ができませんので、休憩所のある途中の「石ヶ戸」で小休止。

  大きな古い樹木が倒れて雪解けの激流を止めたために渓流の流れが変わり
  対岸の遊歩道を崩壊するというので土嚢を積んだ応急の補強作業が行われていました。
  倒木を除去すれば正常な流れに戻せるのに、国立公園内では倒木にも触れないとのこと。

1
f0129465_1154373.jpg

2
f0129465_1155894.jpg

3
f0129465_1161546.jpg


  この日は「焼山」に建つ奥入瀬渓流ホテルに宿泊しました。
  以前にも一度泊ったことがありましたが、渓流沿いの瀬音と澄んだ空気がご馳走です。
  吹き抜けのラウンジには岡本太郎作の大きな暖炉があり森の息吹を感じます。
  雪がなければ渓流沿いの渓流庭園の散策が楽しめるのですが、大変に残雪でした。

4
f0129465_1173489.jpg

5
f0129465_1175155.jpg

6
f0129465_118543.jpg

7
f0129465_1181952.jpg

8
f0129465_1183289.jpg

9
f0129465_1184741.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-05-10 11:19 | 旅行
2012年 05月 09日

  濃霧の十和田湖畔


  4月下旬の東北桜追跡旅行は惨めな失敗となりました。
  桜の開花を予測すること自体、畏れ多いことなのでしょう。
  敢えて、花のない暗い雰囲気の写真ばかりですが、
  数回にわたってアップすることにしました。

  
  東海道「のぞみ」東北「はやぶさ」と乗り継いで盛岡へ。
  十和田湖湖畔を散策して湖上遊覧船に乗るつもりでしたが、
  濃霧で展望も悪いので乗船はやめました。

  十和田湖を望む発荷峠(はっかとうげ)の展望台も豪雪の影響で
  トイレなどは雪で閉鎖された状態で、天候不良で展望もききませんでした。

1
f0129465_611137.jpg


  秋田県側の子の口から湖畔を廻って青森県側の休屋港へ。
  十数年前にここを訪れた時に観たことのある「乙女の像」を再訪しました。
  休屋から御前ヶ浜まで湖岸を歩いて10分ほど。
  詩人・彫刻家であった高村光太郎の傑作として知られ、
  十和田湖の文字どおりのシンボルになっています。
   製作までの経緯はこちらに詳しくかかれています。

2
f0129465_64049.jpg

3
f0129465_641835.jpg


  深い霧に閉ざされた十和田湖は静寂につつまれていました。

4
f0129465_645383.jpg

5
f0129465_65965.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-05-09 06:09 | 旅行
2012年 05月 07日

  見栄えのしない今年のふじ棚


  一週間前に訪れた時には開花が進んでいるように思えたスポーツ公園のふじ棚
  赤坂東藤まつりが5月3日に開かれましたので再訪してみました。
  すでに散り始めた花がある一方で、ほとんど咲いてないふじ棚も多く、
  開花状況に大きな差があって、長いふじ棚もその効果をまったく果たしていませんでした。

  園内で出会った市会議員のバッチをつけた人が開花状況の悪さを弁解していました。
  市民の皆さんの期待に添えないような管理状態を詫びている話しぶりでありましたが
  結果的には市政も市の行政もこの公園について、関心が薄く怠慢だったのでしょう。
  今年の天候の不順や財政の問題もあるでしょうが、公共の施設は守ってほしいものです。

  公園の入口に近い屋内体育館の前で祭りのイベントが行われていました。
  この周辺のふじ棚と東西のふじ棚はよく咲いていました。

1
f0129465_16423630.jpg

2
f0129465_16425284.jpg

3
f0129465_16431022.jpg

4
f0129465_16432759.jpg


  南北のふじ棚は部分的によく咲いている部分と
  ほとんど咲いていないところが入り混じって寂しい開花状況でした。

5
f0129465_16441475.jpg

6
f0129465_1644316.jpg

7
f0129465_16444639.jpg


  この公園の藤の一番の売り物である、22品種60本の品種は
  まったく開花状態が悪く、そのうえ樹木に付けられている名札も
  書かれた文字が消えていたり、名札もなくなっていたり
  管理の悪さは歴然としていました。
[PR]

by sansenkiso | 2012-05-07 16:48 | 植物・花
2012年 05月 05日

  続・お茶屋敷の牡丹


  お茶屋屋敷の歴史は以前にご説明しましたが、
  寛永(1624~1644)年間に建物は取りこわされ、
  土地は明治維新の廃藩置県のとき赤坂村名主矢橋宗太郎氏に払い下げられました。

  牡丹園の造園にあたっては、先々代の家長であった故・矢橋龍吉翁が、
  明治、大正、昭和にかけて、お茶屋敷内の花畑に四季の草花を栽培したことに由来します。


1
f0129465_5432246.jpg

2
f0129465_543419.jpg


  園内には珍しい草木が植栽されているようですが
  季節に合わせて何度も訪れないと出会いが難しいようです。
  御衣黄桜は殊更珍しい桜でもありませんが、この園に二本あります。
  毎年牡丹の花が咲き始める頃に運がよければ観られるのです。
  今年の花は丁度見頃ではなかったでしょうか。

3
f0129465_5452970.jpg


  牡丹を観に行った時の一番の楽しみは、空木の花に出会えることです。
  空木(うつぎ)は卯の花(うのはな)とも言われますが
  「夏は来ぬ」の唱歌の冒頭に出てくる花です。
  
    卯(う)の花の、匂う垣根に
    時鳥(ほととぎす)、早も来鳴きて
    忍音(しのびね)もらす、夏は来ぬ


  園内の片隅にある農作業小屋の裏手に咲きますから
  この卯の花に気付く人はほとんどいないでしょう。
  空木には10種類ほど種類があるそうですが、
  これは姫空木か丸葉空木のどちかだと思います。

4
f0129465_548209.jpg


  花の接写は観るのは好きですが、撮ることは苦手で下手ですから
  マクロレンズを使うことは余りありません。
  どちらかと言えば、望遠マクロで撮ることにしています。
  相変わらず見栄えのしないマンネリな接写ですがご覧ください。

5
f0129465_549565.jpg

6
f0129465_55014100.jpg

7
f0129465_5503814.jpg

8
f0129465_5505842.jpg

9
f0129465_5511381.jpg

10
f0129465_5513461.jpg

11
f0129465_5515565.jpg

12
f0129465_552147.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-05-05 05:55 | 植物・花
2012年 05月 04日

  見頃のお茶屋敷跡の牡丹


  前回は雨の降った翌日で折角咲いた花も惨めで可哀想な状態でしたが
  4日後の1日に再びお茶屋敷跡の牡丹園を訪れました。
  お天気は薄曇でしたが二番花・三番花が咲きそろって
  園内は色とりどりの牡丹の花に満ち溢れていました。

1
f0129465_12425396.jpg

2
f0129465_12431084.jpg

3
f0129465_12432741.jpg


  ツツジも一気に花が増えて園内は華やかな雰囲気になっていました。
  ツツジの花には早くもクロアゲハが蜜を吸いに飛んできていました。

4
f0129465_12441682.jpg

5
f0129465_12443263.jpg


  園内の雰囲気を一層明るくしてくれたのは、
  黄色・青色・白色の三色の帽子を被った幼稚園児の一行でした。
  先生に引率されて賑やかに会話をしながら牡丹の花の美しさを愛でていました。

6
f0129465_124524100.jpg

7
f0129465_12453948.jpg

8
f0129465_12455776.jpg


  東屋の藤も開花が進み大きな熊蜂が蜜を吸っていました。

9
f0129465_12463191.jpg

10
f0129465_12464797.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-05-04 12:48 | 植物・花
2012年 05月 03日

  朝倉公園の桜


  すでに桜は2週間も前に散ってしまいましたが、
  画像を破棄するのが忍び難くアップすることにしました。
  伊吹山山腹の雪も消えて、ドライブウェイは4月26日から開業しています。
 

 
  満開の朝倉公園の桜の樹のしたで観桜会をしたのは20日も前のことでした。
  正しくは朝倉運動公園で大垣市の隣の垂井町の総合運動施設です。
  体育館・体育センター・野球場・プール・テニスコート・多目的グラウンドのほかに
  芝生広場や自由広場もあって町民の憩いの場にもなっています。
  自分は町民ではありませんが、隣接の市に住んでいますので頻繁に訪れています。

  桜が満開を迎えて、野球場の遥か彼方に見える伊吹山の雪も少し解け始めていました。

1
f0129465_6191399.jpg

2
f0129465_6193092.jpg


  野球場は去年グランドの改修が行われましたが
  2012年開催の「ぎふ清流国体」の軟式野球競技の会場の一つになっています。

3
f0129465_6201892.jpg

4
f0129465_6203396.jpg


  テニスコートはグリーンサンドコート2面と全天候型アスファルトコート3面が
  整備されていて、休日は愛好家で賑わっています。

4
f0129465_6211383.jpg

5
f0129465_6212963.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-05-03 06:26 | 風景・自然