風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 31日

  初雪は大雪の予感


  今日は大晦日。
  昨日の朝から降りはじめた雪はこの冬の実質的な初雪であった。
  ほとんど終日降り続いたけれども積もることはなかった。
  昨夜は冷たい伊吹おろしが吹いていたが、未明になったら風も止んでいた。
  早朝7時ごろから再び降りはじめた粉雪は、無風の状態で深々と降り続き
  7時35分には5cmの積雪になった。
  降り始めて間もなく3時間になるが降り止む様子はまったくない。
  風もなくこうした状態で降る粉雪は深い積雪をもたらす大雪となることが多い。

  この一年は多くの皆さんから温かい激励のコメントをたくさん戴き有り難う御座いました。
  古希は過ぎたというものの、一応五体満足な老体に鞭打って頑張っています。
  新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。


f0129465_10192633.jpg


f0129465_10194714.jpg


f0129465_1020572.jpg


f0129465_10202356.jpg


f0129465_10204373.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-12-31 10:22 | 風景・自然
2010年 12月 30日

  木曽三川公園の展望台から その1


  国営木曽三川公園は愛知・岐阜・三重の三県にまたがる日本一大きな国営公園。
  公園と施設は11箇所に及んでいるその中心が木曽三川公園センターである。
  このセンターのシンボル的な展望台は、地上65メートル視界360度で木曽三川の雄大な流れと
  輪中地帯独特の水郷風景や広大な濃尾平野、遠くは中央アルプスを見ることができる。
  12月4日から始まったイルミネーションが最終日となった26日に
  展望台から薄暮のイルミを見物してきた。
  点灯は4時30分からなので、それまで展望台からの三川風景を楽しんだ。

  北の方角には西濃地方が広がっていて右手を並んで流れるのが長良・木曽川。
  その左側を流れるのが揖斐川で水郷地帯が広がっている。
  ズームで拡大して見ると雪を纏った揖斐の山々がよく見える。

1
f0129465_935411.jpg

2
f0129465_936255.jpg

3
f0129465_9362127.jpg

4
f0129465_936416.jpg


  180度方向転換すると、右から揖斐川・長良川・木曽川の三川の流れが河口に注いでいる。
  揖斐川と長良川の堤防が宝暦治水で知られる千本松原である。

5
f0129465_9373867.jpg

6
f0129465_9375657.jpg

7
f0129465_9381782.jpg

8
f0129465_9383660.jpg

9
f0129465_9385368.jpg

10
f0129465_9391436.jpg

11
f0129465_9393232.jpg


   ※ 1・5・6は展望台の展示パネルを利用しました。
     展望室のガラスは着色されていますので画像も色が不自然になってしまいました。
     東西の二方向については、新年に続けるつもりです。

[PR]

by sansenkiso | 2010-12-30 09:45 | 風景・自然
2010年 12月 29日

  迎春準備の終わった三島神社


  19日に三島池を訪れた時には、日曜日ということもあって集落の皆さん揃って
  正月を迎える注連縄張りや門松の飾りに精を出していた。
  そうした準備の作業に出会ったのは初めてのことだったので見物させてもらった。
  古老が注連縄の位置を的確に指示して作業も順調に進んだ。
  前日に降った雪で伊吹山も美しい姿を見せてくれた。

1
f0129465_6142.jpg

2
f0129465_61492.jpg

3
f0129465_621882.jpg

4
f0129465_624221.jpg

5
f0129465_63652.jpg

6
f0129465_632756.jpg


  その一週間後、寒波の襲来で雪が降ったので再び三島池を見て来た。
  伊吹山には灰色の雪雲がかかっており小雪がちらついていた。
  三島神社はすっかり迎春準備も終わっていた。

7
f0129465_643214.jpg

8
f0129465_645331.jpg


  帰路に立ち寄った伊吹山山麓の寺林集落は眠ったように静まり返っていた。

9
f0129465_654348.jpg

10
f0129465_66689.jpg


  岐阜県に入った垂井町の伊吹地区もやがて深い雪に閉ざされるだろう。

11
f0129465_665624.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-12-29 06:10 | 風景・自然
2010年 12月 28日

  初めて撮れたアオサギ


  「しずかの湖」の枯れ蓮を観ながら歩いていたら突然アオサギが飛び立った。
  アオサギ(蒼鷺)は羽毛の色は灰色で、くすんだ青色の蒼が和名に使用されている。
  大変用心深い鳥で、遠目に姿を見ることはあっても写真を撮ろうと接近すると
  飛び去ってしまうので、これまでなかなかその姿を撮ることができなかった。
  再び同じ場所に戻ってくることを予想して、30分ほど他の場所で時間を費やして
  足音を立てないように偲び足で近づいてみると戻ってきていた。
  急いでシャッターを押し続けたが、その様子に気付いたのか巨大な羽を広げて飛び去った。

1
f0129465_5515594.jpg

2
f0129465_5522163.jpg

3
f0129465_5524150.jpg

4
f0129465_5525856.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-12-28 05:55 | 風景・自然
2010年 12月 26日

  奥びわスポーツの森


  野鳥センターから湖岸道路(さざなみ街道)を少し南に走ると「奥びわスポーツの森」である。
  琵琶湖の湖岸に隣接して、コハクチョウの県内で有数の飛来地となっている早崎ビオトープにも近い。
  スポーツ施設が整っており利用者も多いようだ。
  ここにある「しずかの湖」は一面が蓮池になっており、その一部に湿生植物が育てられている。
  蓮池は鴨たちの絶好のねぐらとなっており、この日も真ん中あたりの水面で水浴びをしていた。

1
f0129465_791187.jpg

2
f0129465_793947.jpg

3
f0129465_710378.jpg


  数日前に雪化粧した伊吹山の雪も消えてしまって、
  痛々しい傷のある西面を見せていた。

4
f0129465_710489.jpg

5
f0129465_72339100.jpg

6
f0129465_7113421.jpg


  メタセコイアの落ち葉の中に、もう西洋タンポポが咲いていた。

7
f0129465_7122259.jpg

8
f0129465_7124412.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-12-26 07:24 | 公園・施設
2010年 12月 25日

  トビの飛翔


  水鳥センターの前の湖岸を散策路に沿って歩いた。
  野鳥は付近の水田や湿地へ餌取りに出掛けてしまって中洲は閑散としていた。
  冬特有の不気味な空模様で、北の方からは黒い雲が流れてくるけれども
  南の方角にはその雲の間から眩しいような青空が覗いている。
  上空を数羽の鳶(トビ)が巧みに上昇気流に乗って飛んでいた。
  一番身近な猛禽類であるけれども勇猛な鷹(タカ)科に属していながら狩猟能力が低くて
  カエル、トカゲ、ヘビ、魚などの小動物を捕食するが生ゴミなども食べる雑食性である。

1
f0129465_562615.jpg

2
f0129465_565323.jpg

3
f0129465_571443.jpg

4
f0129465_57347.jpg

5
f0129465_575589.jpg

6
f0129465_581449.jpg

7
f0129465_583741.jpg

8
f0129465_585548.jpg

9
f0129465_591359.jpg

10
f0129465_593128.jpg


  時々、数十羽の野鳥の群れが頭上を何度も飛び廻っていた。

11
f0129465_5101773.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-12-25 05:11 | 風景・自然
2010年 12月 23日

  冬枯れの琵琶湖湖畔


  本格的な雪の季節が近づいている湖北の湖岸道路を走ってきた。
  琵琶湖水鳥・湿地センターにはこの季節になると愛鳥家が大勢訪れている。
  コハクチョウの飛来地として知られており、北海道のクッチャロ湖、
  厚岸湖・別寒辺牛湿原に次いで全国3番目の施設として
  センターが開設されたのは1993年である。

  センターの前には琵琶湖が広がって岸から近い中洲には多くの種類の鳥たちが休んでいる。
  訪れた時間帯は灰色の雲が覆う寒々とした様子で鳥の数も少なかった。
  間もなく3年を迎えるが、真冬の琵琶湖の夕暮れに編隊を組んでねぐらに戻る
  コハクチョウを撮影した時の記憶が生々しく蘇ってきた。
  3年振りにもう一度あの光景を求めて、北風の強い琵琶湖畔に立ってみたくなった。

1
f0129465_5443265.jpg

2
f0129465_5445562.jpg

3
f0129465_5451727.jpg

4
f0129465_5454122.jpg

5
f0129465_546475.jpg

6
f0129465_5462772.jpg

7
f0129465_5464925.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-12-23 05:48 | 風景・自然
2010年 12月 21日

  臥龍山行基寺


  古都の京都や奈良に限らず、日本の各地にはその地方独特の貴重な古刹がたくさんある。
  行基寺は縁山和尚により作庭された回廊式大庭園が有名で、
  書院からは濃尾平野はもとより南は知多半島から北は日本アルプス連山を眺めることができる。
  庭田山頂公園の帰りにお茶を戴いて書院や庭園を見せてもらった。

1
f0129465_519233.jpg

2
f0129465_519485.jpg

3
f0129465_5201570.jpg

4
f0129465_5203927.jpg

5
f0129465_521683.jpg

6
f0129465_5212713.jpg

7
f0129465_5215950.jpg

8
f0129465_5223338.jpg

9
f0129465_5225680.jpg

10
f0129465_5232162.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-12-21 05:30 | 寺社・仏閣
2010年 12月 18日

  師走を感じさせない今年の気候


  春を思わせるような暖かい日があれば一転してその二日後には真冬の冷え込みになったり
  目まぐるしい気温変化を繰り返していよいよ師走も終盤を迎えようとしている。
  ブログ仲間の記事を見て岐阜県の最南端の海津市と三重県のいなべ市に跨る地方道南濃北勢線
  (昨日17日で冬季閉鎖)の山頂付近にある標高450mの庭田山頂公園へ行ってきた。
  好天に恵まれて遥か彼方に北アルプスや中央アルプスをはじめとして乗鞍岳・木曽御岳など
  の雪化粧をした姿を見ることができた。
  立派な山頂の展望案内には、心ない人の落書きが書かれて腹立たしかった。

1
f0129465_754969.jpg

2
f0129465_7543113.jpg

3
f0129465_7545064.jpg


  左手に見えるのが北アルプス。

4
f0129465_7553294.jpg


  中央にどっかりと山容を見せるのが木曽御岳でその左手が乗鞍岳。

5
f0129465_7561641.jpg

6
f0129465_7563434.jpg


  そしてずっと左手に見えるのが中央アルプス。

7
f0129465_7572482.jpg


  愛知県の稲沢市や名古屋市を含めた濃尾平野が眼下に広がっている。

8
f0129465_7581868.jpg


  庭田山頂公園の帰り道に海津市南濃町の行基寺に寄った。
  眼下の揖斐川や長良川の向こうに再び木曽御岳が望まれた。

9
f0129465_7591610.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-12-18 08:01 | 風景・自然
2010年 12月 16日

  黒川温泉で足湯 その7

  歓楽的要素や派手な看板を廃して田の原川の渓谷の両側にこぢんまりとした和風旅館が建ち並ぶ。
  2009年版ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで、温泉地としては異例の二つ星で掲載された
  黒川温泉は熊本県南小国温泉郷の一つ。秘湯ブームで人気も高く20年以上も昔に考案された
  入湯手形が温泉復活の起死回生になったという。
  手形は1枚2000円で24軒の露天風呂のある旅館で3ヶ所に入浴できる。
  記念に手形は購入したが転倒した傷のために足湯にしか浸かれなかったのは残念であった。
    (愛用のカメラは使用不能となったので予備のコンデジで撮った証拠写真)

  紅葉を観ながら足湯が楽しめると聞いたので訪れた旅館。

1
f0129465_16393490.jpg

2
f0129465_16395869.jpg

3
f0129465_16402247.jpg

4
f0129465_16405156.jpg

5
f0129465_16411547.jpg

6
f0129465_16415929.jpg

7
f0129465_16422496.jpg

8
f0129465_16424560.jpg


  千の湯(男性)と千尋の湯(女性)で人気のある旅館。

9
f0129465_16433076.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-12-16 16:45 | 旅行