風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 30日

  深耶馬溪の一目八景 九州旅行その2

  海望嶺、仙人ヶ岩、嘯猿山、夫婦岩、郡猿山、烏帽子岩、雄鹿長尾嶺、鷲の巣山の8つの景色を
  一目で見ることができるので「一目八景」と呼ばれているそうだ。
  平日でもう2時を過ぎていたのに駐車場はいっぱいで大変な人出であった。
  一目八景の周辺の道沿いには、そばまんじゅう・手うちそば・川魚などを食べさせる店が多く
  お土産屋さんが軒を連ねていた。
  展望台から何枚も撮ったが、八つの景色の場所を確認するのを忘れてしまった。

1
f0129465_6285259.jpg

2
f0129465_6291831.jpg

3
f0129465_6294588.jpg

4
f0129465_6303151.jpg

5
f0129465_6305287.jpg

6
f0129465_6311536.jpg

7
f0129465_6313941.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-11-30 06:34 | 旅行
2010年 11月 28日

  「恩讐の彼方に」の舞台 九州旅行その1

  作家菊池寛の出世作ともなった「恩讐の彼方に」の舞台となった「青の洞門」を訪れた。
  小学校の国語の教科書でこの物語の一部を知って小説を読んだのは中学生の時だったから
  もう60年も昔のことになる。
  山国川を遡って耶馬溪への途中で僅かに残されている県史跡の洞門を見物した。
  約300メートルはあったと言われる洞門も、明治時代の陸軍の要請で爆破して拡幅され、
  その後も国道に指定されると直線道路に形を変えてほとんどその姿は残されていない。
  対岸から見ると頭上に空に突き出したような奇岩の峰は「競秀峰」と呼ばれて
  ハイカーには人気のある登山ルートが開かれているそうだ。

1
f0129465_2240138.jpg

2
f0129465_22403772.jpg

3
f0129465_22405979.jpg

4
f0129465_22412117.jpg

5
f0129465_22414575.jpg

6
f0129465_22421310.jpg

7
f0129465_22423522.jpg

8
f0129465_22425629.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-11-28 22:46 | 旅行
2010年 11月 27日

  晩秋の鳥越林道へ その2


  峠を越えて滋賀県側に下り始めるが空模様が思わしくないので
  途中で方向転換をしてふたたび岐阜県側に戻ることにした。
  山腹の紅葉は美しいが光線が当たらないので鮮やかさがまったく見られなくて残念。

1
f0129465_9225718.jpg

2
f0129465_9232590.jpg

3
f0129465_9235645.jpg

4
f0129465_9242215.jpg


  再び峠から滋賀県方面を望むと琵琶湖が霞んで見えた。

5
f0129465_9251486.jpg


  さらに岐阜県方面を見ると、遥か北方に冠雪した山を発見した。
  多分、岐阜・福井県境にある能郷白山(1617m)だろう。

6
f0129465_9261716.jpg

7
f0129465_9263759.jpg


  所々に光の当たる山腹の色付きを楽しみながら青空の広がったR303に戻った。

8
f0129465_927269.jpg

9
f0129465_9275139.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-11-27 09:30 | 風景・自然
2010年 11月 26日

  晩秋の鳥越林道へ その1


 去年と同じ日頃を選んで一年振りに鳥越峠を訪れた。
 岐阜県揖斐郡(旧)坂内村と滋賀県浅井町を結ぶ忘れられたような古い峠道である。
 揖斐の山々の紅葉が実に美しいのに訪れる人がほとんどいない隠れた名所であ  る。
 横山ダムを過ぎた辺りから青空が消えてにわか雨に遭遇する変化の激しい天気となった。
 この地域の天気予報は福井県や滋賀県の天候に影響されるので予想がつかないのだ。
 それ故に紅葉見物というより、晩秋気分を味わいに訪れたと言うほうが当たっている。
 厚い雲間から短時間スポット的に太陽光線に照らされる紅葉の山の様子は素晴らしいが
 光の当たらないほとんどの部分は影になってしまって、面白い光景を楽しむこともできた。

1
f0129465_6523997.jpg

2
f0129465_6531738.jpg

3
f0129465_6535280.jpg

4
f0129465_6542241.jpg


 峠からは坂内から上ってきた岐阜県の山々が一望できる。

5
f0129465_6551747.jpg


 滋賀県側は眼下に琵琶湖が広がっているが、灰色の雲がかかって見通しが悪い。

6
f0129465_6561570.jpg

7
f0129465_6564290.jpg

8
f0129465_6571740.jpg


 滋賀県では伊吹山に次ぐ標高第2位の金糞岳が峠からすぐ近くの見える。
 峠からは最短の登山路が開かれている。

9
f0129465_6582791.jpg

10
f0129465_6585367.jpg

11
f0129465_6592530.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-11-26 07:09 | 風景・自然
2010年 11月 24日

  やっと色付いた真禅院のもみじ


  訪れるのもこれで4度目になるが、朝倉山真禅院のもみじがやっと色付いてきた。
  ほとんど地元の人しか知らない田舎のお寺であるから訪れる人も疎らである。
  すでに一週間も前の様子なので、今頃は散り始めていることだろう。

  旅行でのんびりしてしまって、すっかり休み癖が付いたのか久しぶりの更新となった。

1
f0129465_6465238.jpg

2
f0129465_6472747.jpg

3
f0129465_6481390.jpg

4
f0129465_6483682.jpg

5
f0129465_6485917.jpg

6
f0129465_6492739.jpg

7
f0129465_6494855.jpg

8
f0129465_6501165.jpg

9
f0129465_6502739.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-11-24 06:52 | 寺社・仏閣
2010年 11月 16日

  せせらぎ街道を走る その4


  大倉トンネルを通り抜けるとすぐ右側にそば処清見庵 おおくら店の広い駐車場となる。
  早めの昼食にして今年の新そばを戴くことにした。
  去年はここから山道を上って大倉滝を見物したが、
  今年はすでに紅葉も終わっていることを聞いたのでここでUターンして戻ることにした。
  往路の西ウレ峠を過ぎて暫くの「こもれび広場」に駐車して遊歩道の一部を散策した。

1
f0129465_6381339.jpg

2
f0129465_6384450.jpg

3
f0129465_6392066.jpg

4
f0129465_6395268.jpg

5
f0129465_6402633.jpg

6
f0129465_6405782.jpg

7
f0129465_6413074.jpg

8
f0129465_6415532.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-11-16 06:44 | 風景・自然
2010年 11月 15日

  せせらぎ街道を走る その3


  西ウレ峠を過ぎると街道は高山方面に向かって下りに入る。
  暫く走ると道路の両側に紅葉した美しい唐松林の並木が続く。
  丁度朝の陽射しが谷側の唐松並木に当たりはじめる頃でこの光景が気に入っている。

1
f0129465_602565.jpg

2
f0129465_611263.jpg


  
右に左に道と谷川の流れが並行しているのがせせらぎ街道と呼ばれる由縁なのだろう。

3
f0129465_621959.jpg

4
f0129465_625358.jpg

5
f0129465_631554.jpg

6
f0129465_634223.jpg

7
f0129465_64865.jpg

8
f0129465_643529.jpg

9
f0129465_645572.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-11-15 06:06 | 風景・自然
2010年 11月 14日

  せせらぎ街道を走る その2


  途中の駐車帯で小休止を何回もして周辺の山々や渓流の紅葉を見物する。
  やがてせせらぎ街道最高点・標高1113mの「西ウレ峠」に到着する。
  分水嶺になっておりせせらぎ街道の渓流の源泉になっている。
  すでに広葉樹の紅葉は見頃を終わろうとしており朴木のホウバもほとんど落葉していた。

1
f0129465_904769.jpg

2
f0129465_911943.jpg

3
f0129465_914739.jpg

4
f0129465_921499.jpg

5
f0129465_924835.jpg

6
f0129465_931240.jpg

7
f0129465_933473.jpg

8
f0129465_935674.jpg


  気温が少し上昇したのだろうか、霜が融けてはじめたいた。

9
f0129465_944175.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-11-14 09:06 | 風景・自然
2010年 11月 13日

  せせらぎ街道を走る その1


  紅葉も盛りを終わろうとする6日に高山市清見町と郡上市明宝を結ぶ国道257号
  通称「せせらぎ街道」を紅葉見物に走った。
  郡上市明宝と高山市清見町の接する坂本峠にはトンネルがありここを通る最短経路が
  飛騨美濃有料道路であったが今年の4月1日より無料道路となった。

  この料金所を通過するとせせらぎ街道であったが今は料金所もその姿を消した。
  峠に上って左下に見えるのが明宝温泉「湯星館」で周辺の山は紅葉も真っ最中であった。

1
f0129465_6305643.jpg


  坂本トンネルを抜けると飛騨の西の玄関口となる 道の駅 パスカル清見 である。
  8時の気温は1℃と寒く赤いドウダンツツジに霜が降りていた。

2
f0129465_6341464.jpg


  街道から見える大原地区の神社も朝日を受けて美しく輝いていた。

3
f0129465_6351918.jpg


  見晴らしの良い楢谷の駐車場にはまだ朝日が届かなくて
  谷を隔てた対面の山頂にやっと朝日が当たりはじめたところであった。

4
f0129465_6363437.jpg

5
f0129465_6365556.jpg


  暫く走って名物おばあちゃんの「木挽き小屋」で荏胡麻の五平餅を
  お漬物と熱いお茶でいただいた。
  その日の分だけをつくって休日なら10時前には売り切れで閉店してしまう。

6
f0129465_6384438.jpg

7
f0129465_6391325.jpg


  お店の裏手には杣小屋が建てられてあって背後の山も美しく色付いていた。

8
f0129465_640554.jpg

9
f0129465_6403037.jpg

10
f0129465_640577.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-11-13 06:45 | 風景・自然
2010年 11月 12日

  白川郷荻町集落


  岐阜県白川村荻町(白川郷)と富山県上平村菅沼、平村相倉(五箇山)の三集落が
  世界文化遺産に登録されたのは平成7年12月であったから、間もなく15年になる。
  人口わずか2000人程度の小さな村に年間150万人の人が訪れる魅力は何だろうか。
  自分の住む同じ岐阜県と言っても富山県に隣接する山間奥地の豪雪地帯。
  冬季の陸の孤島も道路網の発達で今やその伝説も消えようとしている。

  白川郷の四季の光景は種々のメディアを通して膨大な情報が披露されているから
  拙い写真でアップすることもない。
  風土、歴史、民俗文化を活かした美しい村には違いないが
  最近は益々観光色が強まって、落人が隠れ住んだという伝説の世界は
  失われつつあるような気がした。

1
f0129465_539050.jpg

2
f0129465_5392284.jpg

3
f0129465_5394863.jpg

4
f0129465_5401487.jpg

5
f0129465_540449.jpg

6
f0129465_5411031.jpg

7
f0129465_5413541.jpg

8
f0129465_542587.jpg

9
f0129465_5422994.jpg

10
f0129465_542553.jpg

11
f0129465_5431871.jpg

12
f0129465_5433723.jpg

13
f0129465_544153.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-11-12 05:49 | 風景・自然