風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2010年 09月 30日

  池田山麓にも彼岸花が


  今年は暑さのせいで開花が遅れていた彼岸花も、この2~3日で一気に開花が進んでいる。
  何時もの散歩ドライブのコースである池田山霞間ヶ渓のお茶畑にも真っ赤な姿を現した。
  道沿いにはあっという間に赤い花の行列ができていた。
  茶畑の横の雑草の中から頭を出している彼岸花に興味を覚えた。

1
f0129465_6324896.jpg

2
f0129465_6331252.jpg

3
f0129465_6333851.jpg


  ほとんど人の入らない農耕放棄地にも懸命に赤く咲いていた。

4
f0129465_6343217.jpg

5
f0129465_6345395.jpg

6
f0129465_6351630.jpg

7
f0129465_6353975.jpg


  広い茶畑の片隅で一人育ちの数本のコスモスが
  秋の風にゆらゆら揺れている光景がとても好きだ。
  整えられたコスモス畑には感じられない哀愁があるから。

8
f0129465_6365127.jpg

9
f0129465_637975.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-09-30 06:39 | 風景・自然
2010年 09月 28日

  伊吹山麓のそば畑


  猛暑に見舞われ雨不足で生育が心配されていた伊吹山麓のそば畑も一面に白い花が咲いた。
  上野集落や伊吹集落にはそば畑が多くて例年この時期に見物に訪れることにしている。

1
f0129465_19592512.jpg

2
f0129465_19595258.jpg

3
f0129465_2001663.jpg

4
f0129465_2004030.jpg

5
f0129465_2005832.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-09-28 20:02 | 風景・自然
2010年 09月 27日

  コスモスまつりがはじまった


  なばなの里の恒例のコスモスまつりが18日からはじまった。
  まだ開花も進んでいないようなので、一週間経ってから訪れてみたがまだ少し寂しかった。
  ダリアまつりが10月1日からであるので、本格的な見頃は来月になりそうだ。
  数日前から気温も急激に低下して一気に秋の訪れを感じる快適な気候となった。
  2~3日前に激しい雨が降ったので咲いた花は傷んでいたが、蕾がいっぱいで開花を待っていた。

1
f0129465_9383676.jpg

2
f0129465_9385757.jpg

3
f0129465_9391692.jpg

4
f0129465_9393981.jpg

5
f0129465_9395961.jpg

6
f0129465_940197.jpg

7
f0129465_9403861.jpg

8
f0129465_9405518.jpg


  ダリアまつりは10月1日からであるが、すでに多くの品種が開花していて
  約200種類、8,000株、32,000本のダリアが咲き乱れる花壇が楽しみだ。

9
f0129465_9415052.jpg

10
f0129465_9421467.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-09-27 09:44 | 公園・施設
2010年 09月 23日

  プロ野球も終盤戦


  今年はセ・パ両リーグとも熾烈な終盤戦を続けており優勝の行方が混沌としている。
  パ・リーグでは首位争いと3位争いが日替わりでかわり、セ・リーグの上位3チームも
  連日刺激的な戦いが続いている。
  中日・横浜三連戦の初日のチケットを入手したので娘婿と一緒にナゴヤドームで観戦してきた。
  試合前の練習風景を観るのは久しぶりのことであった。
  杉下・西沢と言ってもほとんど知る人もいないだろうが、60年も昔の小学生の頃から
  中日球場へよく通った熱狂的な野球少年だった自分を思い出して目頭が熱くなった。

1
f0129465_723130.jpg

2
f0129465_725759.jpg

3
f0129465_732440.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-09-23 07:05 | その他
2010年 09月 20日

  薪を作る人


  数日前に上石津町の日本昭和音楽村へ行ったついでにこの上石津町の山間の西山集落に寄ってきた。
  上石津町は養老町を超えた大垣市の飛び地で2006.03.27に町村合併で大垣市となった。
  西隣は滋賀県の霊仙山(1094m)であるからとても山深い集落である。
  上石津町は滋賀県の米原市と多賀町に、三重県のいなべ市に隣接する珍しい町である。
  大垣市は県内で人口(16万人余)が2番目の都市だというのに、山間の谷沿いの道で
  斧を振り下ろして丸太を割って薪造りをしている人に遭った。
  背後には鬱蒼とした竹薮が深い谷へ続いていた。
  最近は暖炉や薪を使用する大型ストーブを愛用する人が増えているそうだ。
  注文も多くて、この集落にはこうして薪を作る人がまだ三人いるという。
  この薪を割っていた筋骨逞しい方は、75歳と聞いて驚いた。

1
f0129465_553859.jpg

2
f0129465_5533392.jpg

3
f0129465_5535486.jpg

4
f0129465_5541443.jpg

5
f0129465_5543422.jpg

6
f0129465_5545348.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-09-20 06:05 | 風景・自然
2010年 09月 20日

  猛暑の揖斐峡


  山間の川の流れを見れば少しは猛暑も安らぐだろうと揖斐川町の旧久瀬村へ行ってきた。
  岐阜県から滋賀県に抜ける山間のR303を走り新北山トンネル(675m)を越えると
  左手に揖斐川の流れが見え赤い揖斐峡大橋が目にとまる。
  この辺りの揖斐川中流の渓谷の総称が揖斐峡。30年ほど前までは303号から眺めることができたが
  新北山トンネルの開通(1977年)によりルート変更され、眺めることはできなくなった。
  揖斐関ヶ原養老国定公園の一部として渓谷美を知られた時代もあったが、
  最近ではかつての旧道は岐阜県道271号揖斐峡公園線として残ってはいるが、川沿いのその道も
  僅か1kmほどで1~1.5車線と狭く手入れもされていないので訪れる人も少ないという。
  ここも厳しい猛暑で紅葉の季節までは訪れる人もないだろう。

1
f0129465_5464350.jpg

2
f0129465_547351.jpg

3
f0129465_5472439.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-09-20 05:49 | 風景・自然
2010年 09月 17日

  ミラノ・マルペンサ空港と香港国際空港


  ホテルを10時頃に出発して50キロほど郊外にあるマルペンサ空港へ。
  搭乗時間まで余裕があったので手続きを済ませて搭乗ゲートを確認して空港内を歩いてみた。
  ミラノ・マルペンサ空港はローマ・フィウミチーノ空港と肩を並べるイタリア最大の国際空港。
  中部国際空港に比べたら十数倍の規模で、旅客便運航会社だけでも80社ほど就航しているから
  貨物航空会社を含めると驚くばかりの就航数である。
  膨大な搭乗ゲートがあるから間違えたら大変である。

1
f0129465_640673.jpg


  セントレアへの直行便はないので、キャセイパシフィックで香港を経由しての帰国である。
  顧客満足度世界第1位の空港に選ばれた香港国際空港はアジアを代表するハブ空港である。
  それに比べて中部国際空港は小さな田舎空港であって国際空港と呼ぶのが恥かしくなる。
  就航路線は120の世界主要都市であるから成長も著しい。
  見物は早々に引き上げて、搭乗口となる63番ゲート付近で待つことにした。
  前の便の搭乗が終了するところで待合スペースは空席状態でのんびり出来た。

2
f0129465_6421040.jpg

3
f0129465_6422926.jpg

4
f0129465_6424794.jpg

5
f0129465_643646.jpg

6
f0129465_6432381.jpg

7
f0129465_6434096.jpg


  イタリアミラノから香港までは11時間35分、香港から中部国際空港までは3時間55分だから
  飛行時間だけでも15時間以上を要して翌日の午後3時20分にセントレアに到着した。
[PR]

by sansenkiso | 2010-09-17 06:47 | 旅行
2010年 09月 14日

  駅周辺の朝の風景


  時刻は6時を過ぎているけれども町はやっと目覚めたところ。
  路上にはびっしりと車が駐車されて早朝営業のBARが店を開けたところである。

1
f0129465_447849.jpg

2
f0129465_4473460.jpg

3
f0129465_448050.jpg

4
f0129465_4482846.jpg

5
f0129465_4485144.jpg

6
f0129465_4491992.jpg

7
f0129465_4494310.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-09-14 04:51 | 旅行
2010年 09月 12日

  朝の散歩はミラノ中央駅


  北イタリア旅行最後の夜は旅行の出発地点ミラノであった。
  ミラノ中央駅に近いホテルでフリーな時間もたっぷりあったので、
  巨大な駅の周辺をのんびり見物したことが翌朝の散歩に大いに役立った。

  まるで巨大な遺跡のような重量感のある駅舎には驚いた。
  一部で改修工事が行われているのだろうか一部が仮囲いされクレーンが稼動していた。
  まるで美術館と思えるような建物でとても駅舎とは思えなかった。

1
f0129465_5405156.jpg

2
f0129465_5411435.jpg

3
f0129465_5413841.jpg

4
f0129465_5415717.jpg

5
f0129465_5422057.jpg

6
f0129465_5424253.jpg

7
f0129465_54368.jpg

8
f0129465_5432810.jpg

9
f0129465_5435240.jpg

10
f0129465_5442332.jpg

11
f0129465_5444443.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-09-12 05:47 | 旅行
2010年 09月 11日

  再びミラノへ


  長いようで短く感じた北イタリアの旅行も終わったのでコモの町を発って再びミラノへ。
  お昼過ぎにミラノについて市内のレストランで昼食をした後に、ブレラ絵画館へ。
  「最後の晩餐」の鑑賞チケットが確保できなかった代替として用意された美術館である。
  イタリアでも5指に入る美術館で展示作品も多くて一日過ごすことも出来そうであった。
  館内は撮影禁止のために1時間少々で外に出てフリータイムを楽しんだ。

  昼食をしたレストラン。

1
f0129465_793646.jpg


  ブレラ美術館

2
f0129465_7104084.jpg

3
f0129465_711138.jpg

4
f0129465_7112417.jpg


  旅行の初日に見物したガッレリアや大聖堂「ドゥオーモ」をはじめとする
  市内の繁華街の散策を楽しんだ。

5
f0129465_7122085.jpg

6
f0129465_7123955.jpg

7
f0129465_7125639.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-09-11 07:15 | 旅行