風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 31日

  再びフェリーから四つの村を その1


  再び高速フェリーに乗船して岸壁の村を見物しながら目的の一番西の村・モンテロッソに向かう。
  美しいリオマッジョーレの村に別れを告げて紺碧の地中海を北東に。

1
f0129465_6481062.jpg

2
f0129465_6483277.jpg

3
f0129465_6485760.jpg

4
f0129465_6492382.jpg

5
f0129465_6494429.jpg


  20分ほど走るとマナローラ(Manarola)の村が現れる。乗降のために接岸するがここでは降りない。
  僅かに開かれた岸壁の平地には海水浴を楽しむ大勢の人が見られた。
  短時間でお客の乗降が終わると再びフェリーは北東に向かって走りだした。

6
f0129465_6505527.jpg

7
f0129465_6511688.jpg

8
f0129465_6513520.jpg

9
f0129465_6515658.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-07-31 06:54 | 旅行
2010年 07月 29日

  リオマッジョーレの散策


  8日も続いた36~37℃の猛暑日も今日でやっと途切れて
  未明から雨が降り始めて気温もやっと30℃以下になり一息ついています。
  連日身勝手な旅日記を載せていますがよろしければご覧ください。
  旅行中に書き綴ったメモやパンフレットを参考にしながら、
  たくさんの写真を整理しながらの作業を続けて暑さ凌ぎをしています。


  リオマッジョーレ(Riomaggiore)はチンクエテッレ(Cinque Terre)の5つの村の
  一番東に位置していて、ここが最も住人の多い村で1700人程度だそうだ。
  リゾート地として人気になったため物価の急騰とともに土地を売る人も多かったようだ。
  次の船がやってくるまでに1時間以上も自由な時間が得られたので街中を散策することにした。

  チンクエテッレの地図 5つの村は、このような位置関係です。
f0129465_15335091.jpg


1
f0129465_15344639.jpg

2
f0129465_1535530.jpg

3
f0129465_15352717.jpg

4
f0129465_15355599.jpg

5
f0129465_15361637.jpg

6
f0129465_15363856.jpg

7
f0129465_15365811.jpg

8
f0129465_1537211.jpg

9
f0129465_15374388.jpg

10
f0129465_1538565.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-07-29 15:43 | 旅行
2010年 07月 28日

  リオマッジョーレ(Riomaggiore)での下船


  最初の予定では次々と岸壁に現れる五つの村を船から見物しながら遊覧して
  最後のモンテロッソ・アル・マーレで下船することになっていたが、
  出発が一便早かったことが幸いして一旦このフェリーを降りて次の船便を利用すれば
  その後のモンテロッソからのローカル列車に十分間に合うということで急遽下船できることになった。

1
f0129465_1124178.jpg

2
f0129465_11242967.jpg

3
f0129465_11245517.jpg

4
f0129465_11251964.jpg

5
f0129465_11254316.jpg

6
f0129465_1126587.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-07-28 11:29 | 旅行
2010年 07月 27日

  船上からの遊覧に出発


  乗船したラ・スペツィアの港はイタリア海軍の重要な軍港で造船所や軍需工場も数多くある。
  映画U・ボートで登場するUボートが目指したのがこの地であると聞いた。
  湾内には何隻もの軍艦の姿が見られた。
  強い陽射しを浴びるために白人のお客は上のデッキ席で日光浴をしながらの見物。
  日本人らしいお客の数は少なかったがほとんど船内の日影の席に座っての見物となった。

1
f0129465_7162867.jpg

2
f0129465_7164893.jpg

3
f0129465_7171351.jpg

4
f0129465_7173434.jpg

5
f0129465_7175386.jpg

6
f0129465_7181286.jpg


  船首にぽつんと座りこんでいるお客は日本人のように見えたが外人さんだった。
  遥か湾から抜ける地中海に面したところに一番東の村・リオマッジョーレの姿が。

7
f0129465_71996.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-07-27 07:21 | 旅行
2010年 07月 26日

  フェリー乗船のためラ・スペツィアに


  この日はジェノヴァのホテルを出発して地中海のリヴィエラ海岸を約105km南へドライブして
  ラ・スペツィアへ。ここから定期船(フェリー)に乗船して急斜面の岸壁に点在する五つの集落を
  巡行するのだ。最北の集落モンテロッソアル・マーレで一旦下船して古い要塞を散策した。
  五つの岸壁に点在する集落は11世紀に要塞都市として生まれチンクエ・テッレ(五つの土地)  
  と呼ばれて1997年に世界遺産に登録された。
  夏のバカンスシーズンなので混雑を考えて朝の早い時間のフェリーに乗ることとなった。
  フランス・スイス・ドイツやロシアからの外国人と一緒だと言われたが
  相手の国籍は区別できないのですべて外国人の集団であった。
  乗船場とその周辺の様子を。

1
f0129465_5275131.jpg

2
f0129465_5281332.jpg

3
f0129465_5283213.jpg

4
f0129465_5285212.jpg

5
f0129465_5291265.jpg

6
f0129465_5293173.jpg


  乗船場には帽子やサングラスや安価な土産物を売る店が開かれて
  外国人観光客が品定めをしていた。

7
f0129465_5303668.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-07-26 05:34 | 旅行
2010年 07月 26日

  船頭平河川公園の蓮 続


  前回に続いて、少し接近した花の様子を久しぶりにマクロを使ってみた。

1
f0129465_5171832.jpg

2
f0129465_5175397.jpg

3
f0129465_5182283.jpg

4
f0129465_5184955.jpg

5
f0129465_519866.jpg

6
f0129465_51927100.jpg

7
f0129465_5204949.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-07-26 05:22 | 植物・花
2010年 07月 25日

  船頭平河川公園の蓮


  思いのほか見物人の少ないのが安西市立田にある船頭平河川公園の蓮池である。
  木曽三川公園のHPには15種類の花の饗宴として紹介されているがその通りである。
  梅雨明け早々で少し訪れるのが遅かったかも知れないし、時間もお昼に近かったうえに
  強い西風も吹いていたので条件的には良くはなかった。

1
f0129465_619567.jpg

2
f0129465_620213.jpg

3
f0129465_6204481.jpg

4
f0129465_621485.jpg

5
f0129465_6212084.jpg

6
f0129465_6213639.jpg

7
f0129465_6215479.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-07-25 06:23 | 植物・花
2010年 07月 24日

  交通事情は何処も同じ


  ジェノヴァも歴史が古いイタリア最大の港町であるから市の中心部分は主要な大通り以外は
  古い石造りの建物の間に細い迷路のような道が続いて駐車スペースも道路脇が利用されている。
  それが原因なのだろうか大型のスクーターがこの街でも非常に多いのに驚く。

1
f0129465_663165.jpg

2
f0129465_665431.jpg

3
f0129465_672231.jpg

4
f0129465_675467.jpg

5
f0129465_681495.jpg

6
f0129465_683514.jpg

7
f0129465_685541.jpg

8
f0129465_691522.jpg


  コロンブスに関連のある公園だと聞いたけれども名前を忘れてしまった。

9
f0129465_610178.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-07-24 06:11 | 旅行
2010年 07月 23日

  コロンブスの家


  コロンブスが少年期を過ごした家だと言われている古い石造りの建物を見てきた。
  一般開放されているが閉館が午後6時で現地へ着いた時にはすでに時間を過ぎていた。
  入場料金は3ユーロでコロンブスの子孫の方が管理していると聞いた。
  この家から数十メートルのところにはこの街に入るための古い城門も残っており
  その先には古い石畳の町並みに続いている車の通らない道があった。
  午後6時はまだ太陽に位置も高くて日本の午後3時ごろのような時間帯である。
  夕暮れを感じるのは午後9時過ぎになってからで10時頃になるとやっと暗くなる。

1
f0129465_5283791.jpg

2
f0129465_5291861.jpg

3
f0129465_5293933.jpg

4
f0129465_530258.jpg

5
f0129465_5302364.jpg

6
f0129465_5304393.jpg

7
f0129465_531322.jpg

8
f0129465_5312249.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-07-23 05:33 | 旅行
2010年 07月 22日

  義呂池のハス


  国営木曽三川公園の施設の一つである水郷パークセンターの義呂(ぎろ)池の
  ハスの開花状況を観てきた。
  池の広さが約3.8haもあるからこの辺りでは最も大きな蓮池である。
  開花時期は6月下旬から9月までと案内されているのは、その年によって
  開花がかなり異なるからである。
  20日現在ではまだ10%程度で池の西側の奥の方では花も増えているけれども
  池の畔を散策できる東側は8月上旬頃ではないだろうか。

  梅雨明けしたばかりの養老山系を背景にした義呂池と夏雲が迎えてくれた。
  池の奥の方には赤い花が点々と観られるが、手前の近くはまだまだこれからである。

1
f0129465_5415674.jpg

2
f0129465_5421959.jpg

3
f0129465_5424034.jpg

4
f0129465_543164.jpg


  例年より開花が若干遅れていることが幸運して、まだこれから1ヶ月ほど楽しめそうだ。

5
f0129465_5434498.jpg

6
f0129465_544228.jpg

7
f0129465_545197.jpg

8
f0129465_5453231.jpg

9
f0129465_5455259.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-07-22 05:48 | 公園・施設