風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 31日

  好天に誘われて湖北を走る 1


  滋賀県の湖北地方とは琵琶湖の東北部にあたる米原市や長浜市の総称である。
  琵琶湖の東西南北を湖北・湖東・湖南・湖西と分かり易く四分化し呼ぶことが多いようだ。
  平成の合併で米原市は坂田郡の4町が米原市となり坂田郡が一つになってしまった。
  長浜市は6町が長浜市に合併して北は福井県と東は岐阜県と接する大きな市になった。

  岐阜県からは関ヶ原の峠を越えれば米原町であり北の八草峠を越えれば長浜市の木之本である。
  真冬だというのに風もなく温暖な天気に誘われて伊吹山麓の米原市山東町から
  長浜市西浅井町までのんびりとドライブを楽しんだ。

  山東町(米原市)では何時もの三島池に立ち寄って残雪の伊吹山を眺める。

1
f0129465_6303382.jpg


  三島池に隣接するグリーンパークでは鴨の里盆梅展が浅井ふれあいの里では浅井盆梅展
  さらに長浜の慶雲館でも59回目の歴史のある長浜盆梅展が開催されているので見物しようかと
  思ったが、地元の人に聞いたらまだ少し早過ぎるだろうと言うので再訪することにした。

  浅井ふれあいの里で熱い甘酒を飲んで至近を流れる姉川で浅井・朝倉軍と織田・徳川軍による
  姉川の合戦史跡を見学する。

2
f0129465_634523.jpg

3
f0129465_6342578.jpg

4
f0129465_6344845.jpg

5
f0129465_6351156.jpg

6
f0129465_6353345.jpg


  伊吹山を源流とする姉川もこの辺りでは川幅も広く冠雪した伊吹の峰がくっきりと。

7
f0129465_6363873.jpg

8
f0129465_63701.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-01-31 06:41 | 風景・自然
2010年 01月 30日

  真冬の木曽三川公園


  この寒い時期に木曽三川公園を訪れる人は平日にはほとんどなくて閑散としている。
  園内に花が咲きはじめるのは3月中旬からだからその頃になると人が集まってくる。
  3月までは園内各所の園路舗装、連絡通路の修繕、大屋根の塗装修繕などが行われている。
  開園の9時半に駐車場に入ったらまだ2台停まっているだけだった。
  「水と緑の館」の入口近くに造られたチューリップの花壇を見物してから広い園内を散歩した。
  この地域はほとんど降雪もなく雪の似合いそうな寒椿が凛々しく咲いていた。
  やっと弱々しい花が咲き始めた水仙にも出会うことが出来た。

1
f0129465_6262830.jpg

2
f0129465_626488.jpg

3
f0129465_627698.jpg

4
f0129465_6272586.jpg

5
f0129465_6274592.jpg


  つい先ほどまで青空が覗いていたのに、急速に北西からの暗い雲が流れ込んで
  輸中の農家を見物して外へ出たら風景が一変していた。

6
f0129465_629218.jpg

7
f0129465_629228.jpg

8
f0129465_6294093.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-01-30 06:33 | 公園・施設
2010年 01月 30日

  輪中の農家(水屋)


  長い歳月を治水や洪水と闘い続けてきたこの地域に住む人達が中心となって
  宝暦治水と薩摩義士の偉業に感動した大勢の人達の自発的な寄付によって
  再現された輪中の農家が木曽三川公園の西端に建てられている。

  地上より2~3m高く盛られた地盤に建てられた母屋やさらにその上に石垣を組んで
  建てられた別棟の水屋がある。
  母屋の軒下には洪水に備えて「上げ舟」が格納され、洪水の時には二階に引き上げる
  「上げ仏壇」が設けられている。

1
f0129465_671369.jpg

2
f0129465_673764.jpg

3
f0129465_68446.jpg

4
f0129465_682550.jpg

5
f0129465_685085.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-01-30 06:21 | 公園・施設
2010年 01月 28日

  珍しい穏やかな越前海岸


  水仙ランドを後にして越前水仙公園へ向かう途中で
  奇岩の景勝地「呼鳥門」(こちょうもん)で小休止。
  2002年3月の呼鳥門トンネル開通まで天然トンネルとして使われここを国道305号が
  通っていたが、長い歳月をかけて風と波の浸食作用によりくり抜かれてできた洞穴であるので
  小規模な崩落が続き、廃道となって旧道は立入禁止になっている。

1
f0129465_556366.jpg

2
f0129465_5565761.jpg


  冬の越前海岸は何時も北風が吹きつけて海水が十数mの高さまで飛沫を飛ばしているが
  この日はほとんど風もなくこんなに穏やかな日本海をを見たのも珍しいことだった。

3
f0129465_558263.jpg

4
f0129465_5582498.jpg

5
f0129465_5584487.jpg


  呼鳥門から少し海岸沿いを走ると福井市が運営する越前水仙の里公園である。
  水仙ドーム・越廼ふるさと資料館があるが見るべき水仙の花が咲いていないので
  ここを訪ねる人はあまりない。
  眼下に海の広がる水仙畑では早くも球根の植え替え作業をしていた。
  暫くいろいろと話を聞いたが、今年はほとんど全滅で花を買いたい人にも
  売る花がない状態だと嘆いていた。

6
f0129465_603346.jpg

7
f0129465_605540.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-01-28 06:08 | 風景・自然
2010年 01月 25日

  期待外れの越前水仙 その2


  この水仙ランドは越前町が公社として運営しているとのこと。
  水仙の花がまったくないような状態で水仙祭りとは如何にも不親切な話しだ。
  福井県の私鉄が「越前すいせん号」を15日~25日毎日運行している。
  丁度この日も観光客を乗せた大型バスがやって来ていた。
  バスガイドさんが水仙娘の姿になってサービスすることになっているらしく
  水仙の花にがっかりしたお客さんと記念写真を撮っていた。

1
f0129465_8191915.jpg

2
f0129465_8193891.jpg


  閑散とした園内を一巡して駐車場の一角にある「自然文学資料館」を見物する。
  越前にゆかりの深い水上勉、開高健をはじめ
  地元出身の川上季石や南信雄などの作品を展示している。

3
f0129465_8204771.jpg

4
f0129465_821786.jpg

5
f0129465_8212533.jpg


  館内の自然展示室には越前町の春・夏・秋・冬の風景をリアルに表現した
  ミニチュア作品が展示されている。

6
f0129465_8223447.jpg

7
f0129465_8225514.jpg

8
f0129465_8231454.jpg

9
f0129465_8233253.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-01-25 08:25 | 風景・自然
2010年 01月 23日

  期待外れの越前水仙 その1


  1月16日~31日まで越前水仙まつりが開催されているというので越前海岸を走った。
  途中の河野海岸辺りまで来れば海からそそり立つ山腹に水仙の群落が見えるはずなのに
  花の姿は僅かに認められるものの疎らで花も萎れたような異常な光景が続いた。
  不安な気持ちを抱きながら越前岬水仙ランドへ急いだ。

  如何にも寂しい光景に驚いて駐車場を管理する人に尋ねたら、今年はほぼ全滅との返事。
  暖冬のために12月上旬に早くも見頃を迎えて、折角咲いた水仙もその後の三度の大雪で
  予想しないような積雪となり雪に押され続けたままで、やっと数日前に雪が融けたら
  花はほぼ全滅状態になっていたというのだ。

  前回(2年前)は1月下旬に訪れたが、広い園内一面に水仙が満開となり天気にも恵まれて
  眼下の日本海と空の碧さが今も脳裏に焼きついているので一変した光景に落胆した。

  在庫から古いファイルを探し出しましたので参考にご覧ください。

1
f0129465_211403.jpg

2
f0129465_212511.jpg

3
f0129465_2122853.jpg

4
f0129465_2125230.jpg

5
f0129465_2131466.jpg

6
f0129465_2133468.jpg


  これが見る影もない今年の様子です。

7
f0129465_2141920.jpg

8
f0129465_2144623.jpg

9
f0129465_21571.jpg

10
f0129465_2154856.jpg

11
f0129465_216849.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-01-23 21:13 | 風景・自然
2010年 01月 22日

  ウッドバーニング?


  水と緑の館の1階のビジターセンターの展示スペースでは珍しいクラフト作品が展示されていた。
  ウッドバーニング(Wood burninng)と呼ばれもので
  木やコルクなどを電熱ペンで焦がして絵を描くクラフトなのだ。

  小さな子供や老人でも楽しむことが出来ると紹介されていた。
  作品の撮影もOKだったので撮らせてもらった。

1
f0129465_622092.jpg

2
f0129465_6221998.jpg

3
f0129465_6223811.jpg

4
f0129465_6225435.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-01-22 06:25 | 公園・施設
2010年 01月 20日

  冬咲きチューリップ

  数日前の新聞に木曽三川公園の冬咲きチューリップが紹介されていた。
  一昨年は5日に、昨年は2日に見物に行ったけれども今年は15日と少し遅かった。
  気候の変化が冬咲きのチューリップの開花を遅らせたのだろうか。
  本数も去年の3分の1程度と少なく、8段に花壇が積み上げられていたものが
  今年は1段だけの平面の花壇となり何だか寂しい気持ちになった。
  予算削減になったのだろう・・・園内の装飾も簡素になってしまった。

1
f0129465_1016825.jpg

2
f0129465_10162721.jpg

3
f0129465_10164847.jpg

4
f0129465_1017572.jpg


  高さ65mの展望タワーは建設されて今年で22年目を迎える。
  11月10日に永眠された森繁久彌さんが「水と緑の館」の名誉館長だったことをご存知でしょうか。

5
f0129465_10175253.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-01-20 10:19 | 公園・施設
2010年 01月 18日

  伊吹山と三島池 その2


  伊吹山の頂上付近は青空が広がっているのに三島池の上空はほとんど雲に覆われていて
  明暗が顕著な写真ばかりになってしまった。
  雲が去ってくれるのを願いながら待機している間に200枚ほど撮ったものの
  同じような写真ばかりで、ほとんどを残念ながら廃棄した。

  美濃と近江の県境にある伊吹山は独立峰で高度も低くて姿は悪いけれども百名山の一つ
  昔は何度も四季を通じて登ったしスキーも楽しんだ。数年前からは夏季の頂上お花畑
  訪れて多くの高山植物を楽しんでいる私の大好きな山である。

1
f0129465_11361329.jpg

2
f0129465_11363447.jpg

3
f0129465_11365673.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-01-18 11:47 | 風景・自然
2010年 01月 16日

  灰色の世界を走る


  お散歩ドライブに利用している池田山の山麓道路も先日の大雪以来走っていなかった。
  現実には走りたくても積雪で道が塞がれて怖くて走れなかったのだ。
  一昨日様子を見がてら霞間ヶ渓~大津谷を走ってみたが出会う車も少なかった。
  この日もずっと細かい雪が降り続いて何の物音も聞こえて来ない静寂の時間を楽しんだ。
  まったく色彩の消えた灰色の世界で標識や案内看板が新鮮に見えたのも不思議であった。

  降る雪を避けて、霞間ヶ渓の鐘楼の屋根の下から撮った手抜き写真ばかり。

1
f0129465_6213465.jpg

2
f0129465_6245558.jpg

3
f0129465_6252343.jpg

4
f0129465_6255060.jpg

5
f0129465_6261192.jpg


  大津谷からの急坂はスリップしそうでゆっくり下ったが
  この先には車が一台道路わきの溝に落ちてJAFが引き揚げ作業をしていた。

6
f0129465_628770.jpg


  灰色の世界を抜けて目に飛びこんできた色彩のある植物が
  暖かく感じられたのが不思議であった。

7
f0129465_629276.jpg

8
f0129465_6294842.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-01-16 06:31 | 風景・自然