風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

  六華苑(旧諸戸清六邸)を訪ねる その1


  この更新を今年の最後としますが、
  今年は何かとありがとうございました。
  皆さんどうぞよいお年をお迎えください。


  旧諸戸清六邸が六華苑という名称で一般公開されたのを知ったのは数年前であった。
  その公開は平成5年というからもっと早く訪ねるべきだったと後悔している。
  1万8千平方という広大な敷地に洋館と和館とを連続配置させているこれほど
  大規模な建物は我国にも例がないという。
  (六華苑についての詳細は桑名市のHPに詳しく説明があります)
  鹿鳴館の設計で有名なイギリス人建築家ジョサイア・コンドルが設計を担当した。
  明治10年日本政府の招聘に応じて来日し大正9年に日本で死去するまで建築設計を続けた。

  建物の外観や内部についても書籍や雑誌などで見たことはあったが
  実物に接してその素晴らしさと豪華さに驚いた。


1
f0129465_784682.jpg

2
f0129465_79416.jpg

3
f0129465_792385.jpg

4
f0129465_794352.jpg

5
f0129465_795925.jpg

6
f0129465_7101992.jpg

7
f0129465_7103714.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2009-12-31 07:13 | 公園・施設
2009年 12月 30日

  桑名市を訪ねる


  県境になっている揖斐川を西に渡ればそこが三重県の桑名市であるのに遠い存在であった。
  つい先日は三重県の南端である伊勢志摩地方まで出掛けたというのに恥ずかしいことだ。
  何時も出掛ける「なばなの里」の長良川・揖斐川の対岸が桑名市である。

  日本一の大地主となった二代目諸戸清六の邸宅「六華苑」の見学を今日の目的として桑名へ。 
  鹿鳴館の設計で有名なイギリス人建築家ジョサイア・コンドルの設計によるもので
  国の重要文化財に指定されている。

  六華苑を訪ねる前に、近くの揖斐川護岸の住吉浦へ行き「七里の渡跡」や再現された
  「蟠龍櫓」(ばんりゅうやぐら)を見学する。
  江戸と京都を結ぶ東海道が制定(1601年)され桑名宿と宮宿(現名古屋市熱田区)の間は、
  海路7里の渡船と定められた。伊勢湾台風以後の高潮対策工事のため
  渡船場と道路の間に防波堤が築かれて当時の面影はない。
  防波堤の向こうには揖斐川と長良川が中堤を境にここで合流している。

1
f0129465_6245927.jpg

2
f0129465_6251539.jpg

3
f0129465_625311.jpg


  手前が揖斐川で中堤の向こうが長良川であるが直ぐ右手で合流して伊勢湾に注ぐ。
  異様な姿で立ち並んでいるのが長良川河口堰である。

4
f0129465_6264541.jpg

5
f0129465_627453.jpg


  長良川河口堰の向こうが国道1号線の橋梁でJR関西本線や近鉄名古屋線さらには
  東名阪自動車道などの架橋が続いている。

6
f0129465_628589.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2009-12-30 06:33 | 公園・施設
2009年 12月 27日

  パールロードを走って


  パールロードを走ると冬の今頃はあちらこちらで美味しい生牡蠣を食べることが出来る。
  生やその場で焼いて食べ放題とか、ポリバケツなどの容器に詰め放題で幾らとか兎に角安い。
  浦村牡蠣や的矢牡蠣の本場で生産地なのだから当たり前かも知れないが。

  車で走っているとあちこちで煙が上がっているから直ぐに分かる。
  生牡蠣を10個食べる積もりだったが4個でギブアップとなってしまった。
  実が大変に大きくてジューシーで1個で3個分の気がするほど大きかった。

1
f0129465_773393.jpg

2
f0129465_78242.jpg


  
  的矢湾大橋を渡りスペイン村を通って英虞湾方面へ。
  素晴らしいお天気に恵まれて途中で何度も展望台に駐車して空と海を満喫する。

3
f0129465_793466.jpg

4
f0129465_710289.jpg

5
f0129465_7102332.jpg

6
f0129465_7104039.jpg


  帰路は再びパールロードを戻り鳥羽展望台から「潮騒」で知られる神島や対岸の
  渥美半島の伊良子岬を遠望する。
  最後に二見の夫婦岩を見て帰ることにした。

7
f0129465_712629.jpg

8
f0129465_7122759.jpg

9
f0129465_712439.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2009-12-27 07:15 | 旅行
2009年 12月 26日

  雪が消えてしまった三島池


  師走のこの時期にしては珍しいほどの快晴となり、岐阜県側から青空に飛び出した
  伊吹山が眺められたので、再び急いで山東町の三島池へ走った。
  現地も確かに素晴らしい快晴であったが、先日の雪もすっかり消えてしまって
  伊吹山の冠雪も南面はかなり雪も薄れてしまっていた。
  水鳥の数は増えているようで、近くの中学校の科学部の生徒が掲示板に観察記録を載せていた。

  伊吹山も三島池の周辺も雪景色で、池の面を水鳥が泳ぐ姿が撮れるのは何時のことだろうか。
  そんな写真を撮りたいために何年もこの池に通い続けている人もいるらしい。

1
f0129465_975067.jpg

2
f0129465_98958.jpg

3
f0129465_982957.jpg

4
f0129465_984455.jpg


  山麓間近から眺める伊吹の南面は実に単調な山である。
  新幹線から眺める伊吹山はこの姿だ。
  冬季で一番美しく厳しく眺められるのは揖斐川堤防からの東南東面の姿である。

5
f0129465_995666.jpg


  5合目辺りから頂上に掛けての南面は雪解けも早くて積雪の多かった頃には
  スキー場になったが最近ではそれが不可能になっている。

6
f0129465_911557.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2009-12-26 09:11 | 風景・自然
2009年 12月 25日

  伊吹山の見えない三島池


  この10日の間に滋賀県の三島池に四度も通ったが撮影チャンスに恵まれなかった。
  10日ほど前に訪れた時はひどい曇り空で色褪せた伊吹山の姿は観られたが
  たくさんの鴨が飛来しているというだけで眠くなるような光景であった。

  鴨たちに餌を与えようとパンを持参して来た親子連れと背後に群がる数匹の野良猫と
  遠くの浮島で羽を乾かしている数羽の川鵜以外に観るべきものもなかった。

1
f0129465_710376.jpg

2
f0129465_7102652.jpg

3
f0129465_7104629.jpg

4
f0129465_711893.jpg


  その2日後には岐阜県方面から眺めると伊吹山は晴れているのに
  山東町の現地へ行ってみるととんでもない曇り空で
  前回同様にまったく眠くなるような退屈な光景であった。

  それから数日大雪になったので現地へ走ったがほとんど視界のない状態で引き返した。
  そして一昨日朝方は岐阜県側から青空に伊吹山が眺められたので再び急行する。
  関ヶ原の峠を越えたら滋賀県は雪が降っており三島池に着いたら一面にガスがかかって
  伊吹山の姿などまったく見られなかった。
  現地で1時間ほど待ったが結局姿を現さなかった。

5
f0129465_7133183.jpg

6
f0129465_7135135.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2009-12-25 07:17 | 風景・自然
2009年 12月 24日

  女王様の耳飾・フクシア


  同じタイトルで2年前にもフクシアを紹介しましたがご記憶の方もいらっしゃるでしょう。
  ベコニア館の2番目の温室は天井からも鉢植もほとんどフクシアで埋め尽くされています。
  これだけの種類を一堂で鑑賞できるのだからこの花が好きな人にはたまらない場所です。

  今日はクリスマスイブですからささやかな花のプレゼントです。

1
f0129465_637379.jpg

2
f0129465_6375698.jpg

3
f0129465_6381361.jpg


  3番目の温室では亜熱帯・熱帯系の珍しい花もたくさん鑑賞できます。

4
f0129465_639681.jpg

5
f0129465_6392622.jpg

6
f0129465_6394420.jpg

7
f0129465_640249.jpg

8
f0129465_6402188.jpg

9
f0129465_6404442.jpg

10
f0129465_641144.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2009-12-24 06:43 | 植物・花
2009年 12月 23日

  早朝のおはらい町とおかげ横丁


  まだおはらい町の道には朝の光も当たらない。
  お店もこれから開店をするところが多く人通りも少ない。
  中ほどでおかげ横丁に入るところにあの赤福のお店がある。
  おくどさんで湧かしたお湯でお茶をいれて出来たての赤福を食べさせてくれる。


1
f0129465_12474552.jpg

2
f0129465_12481260.jpg

3
f0129465_12483157.jpg

4
f0129465_12484916.jpg


  おかげ横丁にも人が集まり始めて正月の支度市には飾り物が。

5
f0129465_12494265.jpg

6
f0129465_12495966.jpg


  ここで宝くじを買ったら当たりそうな気がしたと・・・話し声が聞こえてきた。

7
f0129465_1250574.jpg

8
f0129465_12511626.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2009-12-23 12:55 | 旅行
2009年 12月 22日

  師走のお伊勢参り


  一年も押迫った師走にわざわざお伊勢参りをするのも今年で四回目となった。
  新年の初詣は近くの神社へ出掛けるが、一年を無事に過ごせた報告とお礼は
  伊勢神宮と初詣の神社に師走にお参りすることにしている。
  特別な信仰心もあるわけではないから、師走に伊勢志摩を遊ぶということになる。

  結構冷え込んで時刻も早かったので宇治橋を渡る人も少なかった。
  式年遷宮の4年前に架け替えがされるが、11月3日に渡始式が終わったばかりの
  真新しい宇治橋を渡る。

1
f0129465_11192086.jpg

2
f0129465_11194160.jpg


  皇大神宮(正宮)への石段も新年には足元が見えないほど混雑しているが
  この朝はすっきりした見通しで気持ちよく登れた。

3
f0129465_11213548.jpg

4
f0129465_11215332.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2009-12-22 11:24 | 旅行
2009年 12月 22日

  甲津原集落


  三島池まで行ったら急に伊吹町最北の集落である甲津原が見たくなって県道40号を北上する。
  ほとんど対向車に出会うこともないような閑散とした道で途中の姉川ダムに立ち寄り
  甲津原集落の入口にある交流センターに寄るが閉鎖状態にあった。
  さらにそこから3kmほど北上すると奥伊吹スキー場である。
  この日はまだまだ雪のない状態でリフトの試運転が行われていた。

  突然大雪が18日から降ってオープンとなり20日現在の積雪は90cmで全面滑走可能となった。
  甲津原集落もこの雪で白銀の世界となっていることだろう。

1
f0129465_1133571.jpg

2
f0129465_1135860.jpg

3
f0129465_1141883.jpg

4
f0129465_1143813.jpg

5
f0129465_1145722.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2009-12-22 11:10 | 風景・自然
2009年 12月 20日

  秋色の明治村 3


  19日午前7時現在で積雪はすでに20cmに達しているようだ。
  まだ止みそうもなく益々激しく降り続きそうな気配である。
  まだ「秋色の明治村」の写真が数枚あるので
  これを掲載して今年の紅葉の幕引きとします。


  2丁目の市電京都七条駅周辺やレンガ通りでは遠足に来ていた小中生徒に出会う。

1
f0129465_8304735.jpg

2
f0129465_83199.jpg

3
f0129465_8313013.jpg

4
f0129465_8314978.jpg


  正門まで行くこともなくこの日は再び北門まで歩いて帰ることにした。
  途中はほとんど寄る人もない「ブラジル移民住宅」や「ハワイ移民集会所」や
  「シアトル日系福音教会」には何時ものように見学したことは言うまでもない。

5
f0129465_8332853.jpg

6
f0129465_8334684.jpg


  この日特に印象に残ったのはこれまで何度も見ていると言うのに
  「ハワイ島ペペケオ耕地の鐘」であった。

7
f0129465_8353153.jpg

8
f0129465_835505.jpg


  再び東京駅の地下道を潜って北門へ向かった。

9
f0129465_8364671.jpg

10
f0129465_837612.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2009-12-20 08:39 | 公園・施設