風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 31日

  木曽御嶽山の霊峰を間近で 


  一週間前に見た開田高原からの木曽御嶽山の姿に誘惑されて出掛けてしまった。
  標高1570mの御岳ロープウエイ鹿ノ瀬駅の駐車場に9時頃着いた。
  ここから標高差で600mはロープウエイを利用すれば14分で飯森高原駅に上れる。
  往復料金2400円は少し高いけれども時間と労力をお金で埋め合わせることも必要だ。
  6名乗りのゴンドラには一人だけで展望を楽しんだ。

  予報では良い天気となっていたが山頂一帯は灰色の雲に覆われていた。
  進行方向に横に長く幾つもの頂上を有する御嶽山の峰々が一望できる。
  左から奥の院・2940m王滝頂上・2936m剣が峰・3067m摩利支天山・2959m
  と続くがすでに標高差も1000m程であるからそれほど高度感はない。


1
f0129465_6221746.jpg

2
f0129465_622445.jpg


  後方を振り返ると北アルプスから中央アルプまでの主要な山々が姿を現してくる。
  雲が低くて残念だが山の天気はこんなものである。
3
f0129465_62475.jpg


  乗車前からヘリのエンジン音がやかましかったが行方不明者が出たので捜索しているとのこと。
  乗車しているゴンドラからなのでボケボケ。
4
f0129465_62687.jpg


  飯森高原駅2150mに到着する。
5
f0129465_627922.jpg


  背景は乗鞍岳とその右奥が穂高連峰。
6
f0129465_628147.jpg


  180度に広がる山々を方位盤で山名を確認しながら。
7
f0129465_629118.jpg

8
f0129465_629285.jpg


  上で前日から小屋泊まりの人達だろうか早くも下山してくる人の姿が増えてきた。
9
f0129465_6302027.jpg


10
f0129465_6304125.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2009-08-31 06:33 | 風景・自然
2009年 08月 29日

  水浴びを見物した暑い夏の日


  何時もの散歩道である池田山山麓を走ると揖斐川の支流である粕川を渡る。

  夏休みの子供たちとその父兄の休日が重なるとこの川には水浴びの人が集まってくる。
  海のない岐阜県であるからどうしても川での水遊びとなる。
  山間の谷から流れる川の水は非常に水温も低くて急流であるので水難事故も多い。
  堤防から見物しているとまるで自分も水に入っているような気持ちになって涼しかった。

  もう10日も前に見かけた光景であった。 後二日で8月も終わる。


1
f0129465_155137.jpg

2
f0129465_1553975.jpg

3
f0129465_156739.jpg

4
f0129465_156375.jpg

5
f0129465_157468.jpg

6
f0129465_1573258.jpg

7
f0129465_158880.jpg

8
f0129465_1583335.jpg

9
f0129465_159240.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2009-08-29 15:11 | 風景・自然
2009年 08月 28日

  開田高原の夏 その4


  実際には九蔵峠から戻って村内のあちらこちらを見物したけれども九蔵峠のついでに
  最後に訪れた地蔵峠からの御嶽山を。

  現在では木曽福島でR19と分岐してR361は新しく開通した新寺蔵トンネルを
  通っているがこのトンネルが開通するまでは旧飛騨街道は地蔵峠1335mを
  通っていたので冬季は閉鎖されることも多かったようだ。

  地蔵峠からは前山が邪魔になるために御嶽山麓の広がりが十分望めない。
  午後からの陽射しで御嶽山の山腹に光が当たらなくて鮮明さのない絵になってしまった。


1
f0129465_5284399.jpg

2
f0129465_5291185.jpg

3
f0129465_5293865.jpg



  現在では新地蔵トンネルを通るために細い曲がりくねった旧道を走る車はほとんどないらしい。
  峠越えをして二本木の湯で汗を流してと思いはしたが、
  再び開田の中心部に戻ってR361を帰った。
  開田村では早くもススキが穂を広げてコスモスもオミナエシも咲いて
  初秋を思わせる装いに変わろうとしていた。

4
f0129465_5314989.jpg

5
f0129465_5321965.jpg

6
f0129465_5324569.jpg

7
f0129465_5331336.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2009-08-28 05:36 | 風景・自然
2009年 08月 27日

  開田高原の夏 その3


  木曽御嶽山の全貌がよく見える峠が二箇所あると聞いていた。
  その一つは高原を走るR361を北上した標高1280mの九蔵峠である。
  この峠を越えて進めば野麦峠を越えて高山に至る。
  真夏の日中では御嶽山麓の広大な広がりしか見えないが
  この峠は信州サンセットポイントとして御嶽に沈む夕日が素晴らしいという。


1
f0129465_6333856.jpg

2
f0129465_6342216.jpg

3
f0129465_6344140.jpg

4
f0129465_635130.jpg

5
f0129465_6352496.jpg

6
f0129465_6355147.jpg

7
f0129465_6361475.jpg

8
f0129465_6363960.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2009-08-27 06:39 | 風景・自然
2009年 08月 26日

  開田高原の夏 その2


  蕎麦畑のずっと左の端から何かがこちらに進んで来るのでじっと見ていたら馬車であった。

  木曽馬乗馬センターを出発した乗合馬車でお客が乗っていた。


1
f0129465_522437.jpg

2
f0129465_5231212.jpg

3
f0129465_52339100.jpg

4
f0129465_524845.jpg

5
f0129465_5243465.jpg

6
f0129465_5245937.jpg


7
f0129465_5254997.jpg

8
f0129465_5261630.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2009-08-26 05:27 | 風景・自然
2009年 08月 24日

  開田高原の夏 その1


  「日本で最も美しい村」連合の一つである長野県木曽町開田高原を訪れた。

  開田高原は木曽御嶽山の山麓に開けた美しい高原で希少な在来種「木曽馬」のふるさとでもある。

  行程は片道およそ200キロなので早朝に出発して現地の到着したのは9時前であった。

  旧開田村の入口にある洒落た喫茶店脇の道路には早くもコスモスが咲き乱れて迎えてくれた。

1
f0129465_50351.jpg


  
  開田高原観光案内所に寄って案内マップをもらい先ずは至近の木曽馬の里へ。
  眩しいばかりの青空に木曽御嶽山が・・・コスモス・ゆり・オミナエシ・桔梗が咲いて
  絵葉書のような美しさに満足する。

2
f0129465_524923.jpg


3
f0129465_531961.jpg


4
f0129465_535112.jpg



  放牧場では馬たちが暑い日差しの中で草を飯でいたが微かに吹き抜ける風は
  さすがに標高1100m以上もあり平地に比べればかなり涼しい。

5
f0129465_553930.jpg


6
f0129465_56873.jpg


7
f0129465_563498.jpg


8
f0129465_57896.jpg



  放牧場の反対側には花の咲いた広い蕎麦畑が広がりここにもコスモスやオミナエシが咲いて
  白樺林の向こうに御嶽山が見える。

9
f0129465_58313.jpg


10
f0129465_59058.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2009-08-24 05:13 | 風景・自然
2009年 08月 22日

  伊吹山の頂上お花畑 その4


  汗ばんだ体に頂上を吹き抜ける風は心地よかった。
  持参したおにぎりを食べながらの休憩は最高であった。
  頂上付近を一回りして東の遊歩道に向かう。
  中央遊歩道の直下には駐車場の一部が見える。


1
f0129465_7213644.jpg

2
f0129465_723972.jpg

3
f0129465_7235461.jpg

4
f0129465_7242042.jpg

5
f0129465_7244729.jpg

6
f0129465_725890.jpg

7
f0129465_7253297.jpg

8
f0129465_7255681.jpg

9
f0129465_7261964.jpg

10
f0129465_7264358.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2009-08-22 07:28 | 風景・自然
2009年 08月 21日

  伊吹山の頂上お花畑 その3


  頂上付近の建物が見えてくる。
  右下からの急登の道は麓から登ってくる表登山道。

1
f0129465_6245073.jpg


2
f0129465_6254122.jpg


  この親子4人グループ(一番下の子はお父さんの前)は早朝4時頃に
  麓から歩きはじめたのだろう。最後の急登を登れば頂上である。

3
f0129465_6271926.jpg


  西の遊歩道も緩やかな起伏を幾つか超えると間もなく頂上である。

4
f0129465_6282785.jpg


5
f0129465_6285315.jpg


6
f0129465_6291584.jpg


  閉鎖された伊吹山測候所の直ぐ西にある一等三角点の標石位置を示す案内。
  この三角点の標石を見に来る人はほとんどいない。

7
f0129465_6303071.jpg


8
f0129465_6305638.jpg


9
f0129465_6312159.jpg


  アサギマダラを見つけるがなかなか近づいてくれなかった。

10
f0129465_6321399.jpg


11
f0129465_6323857.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2009-08-21 06:35 | 風景・自然
2009年 08月 19日

  伊吹山の頂上お花畑 その2


  例年なら斜面がシモツケソウで赤く染まっているのだが今年は少し遅かったのだろう
  すでに花が終わって葉が成長してしまっていた。
  上の方に見えるのが琵琶湖。

1
f0129465_14505091.jpg


  南西方面に広がる琵琶湖もよく見えた。
  彦根方面と思われる。

2
f0129465_1452496.jpg


  西の方角には長浜の街が。

3
f0129465_1453530.jpg


4
f0129465_14533591.jpg


  西の遊歩道を稜線まで上ると南の方が開けてくる。
  霊仙岳1098m の山容が良く分かりその向こうに広がるのは鈴鹿の山々である。

5
f0129465_14544735.jpg


  眼下には南面に広がる五合目付近が良く見える。

6
f0129465_14553821.jpg


  西のピークを越えて振り返ると空と一体化した琵琶湖がまだついて来る。

7
f0129465_14563719.jpg


8
f0129465_15102713.jpg


9
f0129465_1458213.jpg


10
f0129465_14595766.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2009-08-19 15:12 | 風景・自然
2009年 08月 18日

  伊吹山の頂上お花畑 その1


  長引いた梅雨と遅い梅雨明けのために例年より10日遅れのお花畑行きになってしまいました。

  長めの夏休みで更新を休んでいましたが再び再開することになりました。


  早朝に麓から眺めたら伊吹山には一片の雲もなく青空が広がっていましたので急いで出掛けました。

  8月12日のことでした。世間ではお盆休みで道路や交通機関は混雑の最盛期でしたが早朝の

  伊吹山ドライブウエイは閑散としていて7時頃に頂上駐車場に着いた時にはがらがらの状態でした。

  西の遊歩道をゆっくり歩き始め身近に咲いている花々や眼下に広がる琵琶湖の景観を楽しみながら

  8時半頃には頂上の伊吹山測候所の西にある1等三角点標柱に着きました。

  今年は去年より10日ほど遅かったせいかシモツケソウの最盛期は過ぎていましたがその他の

  多くの高山植物は例年と変わりなく賑やかに咲いていました。

  例年は写真撮りに一生懸命になるのですが今年は眼で花を楽しみ周囲の山々の景観を楽しんで

  山を愛する人々の山歩きの様子を眺めることで十分満足することができました。


  まだ頂上間近のドライブウエイに朝の光が届いていない。
  遥か東の空には頂上を雲に隠した恵那山が見えた。
  左端の山は御嶽山と思われる。

1
f0129465_1075050.jpg


  南に広がる揖斐山地の山々。

2
f0129465_1092239.jpg


  西北には湖東の山々が。

3
f0129465_10104285.jpg


  西の遊歩道を少し登りはじめると竹生島のある琵琶湖が見えてくる。
  低く雲が広がっているその上の方には湖西の山々が。

4
f0129465_1012158.jpg

5
f0129465_10123327.jpg

6
f0129465_10125894.jpg

7
f0129465_1013229.jpg

8
f0129465_10134720.jpg

9
f0129465_10141528.jpg

10
f0129465_10144843.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2009-08-18 10:16 | 風景・自然