風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅行( 101 )


2012年 07月 01日

  世界遺産・朝の天壇公園 証拠写真その5


  天壇公園の総面積はは270万㎡、故宮のそれの4倍を超える膨大な広さですから
  短時間で全部を見物するのは無理なことです。(東京ドーム58個分の広さだそうです)
  中国人は昔から、「天」は至上のものであり、万物を支配するという最高権威と考えてきました。
  天壇は昔、天を祭った場所です。
  人々は天に祈願ができたが、天を祭るのは天子だけの特権でした。
  天壇は明・清代の皇帝が、天を祭って豊穣を祈る場として造ったものです。
  建設されてから数百年の間、二十数人の皇帝が、盛大な祭典儀式を行ったきました。
  1918年、天壇は公園として一般市民に開放されました。

  早朝に訪れたのは、この公園の各所で気功・太極拳・ヨガ・ダンス・合唱ライブなど
  トレーニングをする人たちでにぎわっている様子を見物したかったからです。

1
f0129465_9142462.jpg

2
f0129465_9144074.jpg

3
f0129465_9145520.jpg

4
f0129465_915989.jpg


  木陰ではトランプに興ずる高齢者の姿をたくさん見受けました。
  将棋や麻雀を楽しんでいる人もいました。

5
f0129465_9155513.jpg

6
f0129465_916964.jpg


  天壇公園を代表する皇帝が毎年豊作を祈った場所である「祈年殿」も見物しました。
  三層の青の瑠璃瓦と屋根は見事です。
  青い空をバックにした青の色も美しく屋根の丸さも美しく最上層の円錐形も華麗でした。

7
f0129465_917180.jpg

8
f0129465_9171966.jpg

9
f0129465_9173316.jpg

10
f0129465_9174824.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-07-01 09:20 | 旅行
2012年 06月 28日

  胡同(フートン)めぐり 証拠写真その5

  胡同(フートン)とは明代から続く北京の街並を構成していた庶民の住宅街で
  歴史のある路地や横丁のことです。
  北京伝統の三輪車に乗る(2人乗り)。
  700年近く続いてきたその親しみやすい路地と中庭を囲む住宅群は、
  今や再開発と経済発展の荒波に飲まれて容赦なく取り壊されています。
  胡同めぐりのコースは南北二つのコースがあるが、道幅も狭いために
  三輪車を利用して見物するのが一般的です。

  客待ちで空車がたくさん待機していました。

1
f0129465_5274891.jpg

2
f0129465_52831.jpg


  道幅が狭いのでお客の乗った三輪車は列を作って同じ方向に進みます。
  住宅や商店がびっしりと並んだ路地の見物は楽しい時間でした。

3
f0129465_5285698.jpg

4
f0129465_5291397.jpg

5
f0129465_5293236.jpg

6
f0129465_530860.jpg


  遊覧出発点と到着点は鼓楼(昔はここで太鼓を叩いて時間を告げた)の前の広場。

7
f0129465_530534.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-06-28 05:33 | 旅行
2012年 06月 25日

  世界遺産・広大な庭園 頤和園(いわえん) 証拠写真その4

  頤和園(いわえん)という名前の中国料理店は日本でも各地にあります。
  北京市内から北西約25kmにある「頤和園(いわえん)」は、北京郊外の観光の目玉です。
  余にも広すぎて一帯をじっくり散策すれば半日では無理かも知れません。
  12世紀、金代に皇帝の離宮として築かれたのが始まりといわれていますが、
  20世紀初めには、絶大な権力を握った、かの「西太后」により大規模な修復が行われました。
  昆明湖を作るときに掘り出した土を盛り上げて築山したものが万寿山とは驚きです。

  5月の中旬でしたがこの日は初夏を思わせるような気候でした。
  柳の新緑が美しい昆明湖の辺では木陰で休んでいる人も多く
  貸しボートを楽しむ若者で賑わっていました。
  橋の向こうに見えるのは文昌院(中国の古典庭園の中で最大規模、最高クラスの文物陳列館)

1
f0129465_5181353.jpg

2
f0129465_518336.jpg

3
f0129465_5185475.jpg


  昆明湖を運行する遊覧船、湖の遥か向こうに見える万寿山に建つ「仏香閣」
  時間の止まったような風景に暫し心が安らぎました。

4
f0129465_520425.jpg

5
f0129465_5202191.jpg


  世界で最も長い画廊と評される全長728メートルの「長廊」
  太后が居住、食事、政務を行った「楽寿堂」
  清朝の皇帝や妃たちが買い物を楽しむための商店街だった
  全長300メートルあまりの川を挟んだ両岸につくられた「蘇州街」など
  多くの見物場所がありました。
  紅い旗を立てた中国人ツアーが圧倒的に多いのには驚きました。

6
f0129465_5213658.jpg

7
f0129465_5215499.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-06-25 05:25 | 旅行
2012年 06月 20日

  世界遺産・明の十三陵(定陵) 証拠写真その3


  北京の中心から北西へ約50km、天寿山南麓に広がるのが「明の十三陵」です。
  15世紀初頭の明朝の3代皇帝「永楽帝」から7代皇帝を除く、
  16代皇帝まで13人の陵墓が散在しています。
  現在一般公開されているのは、「永楽帝」の陵墓である「長陵」、隆慶帝の陵墓「昭陵」、
  そしてここ14代皇帝である「万歴帝」の陵墓「定陵」の3つだけです。
  定陵の特徴は地下数10mに作られた地下墳墓にあります。
  後年、明の財政をひっ迫させたとも言われる大理石をふんだんに使用した
  贅沢な定陵の建設には驚くばかりです。

1
f0129465_653127.jpg

2
f0129465_653274.jpg

3
f0129465_6534693.jpg

4
f0129465_654238.jpg

5
f0129465_6541875.jpg


  墳墓へ行く途中で面白い光景を見ました。
  貸しものの、時代衣装を着て記念写真を撮っているご夫婦でした。
  ご夫婦は容貌から中国人だと思いましたが、
  カメラマンは FUJIFILM のブレーカーを着用していました。

6
f0129465_6551884.jpg

7
f0129465_6553354.jpg

8
f0129465_6555156.jpg

9
f0129465_656660.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-06-20 06:59 | 旅行
2012年 06月 19日

  天安門広場とその周辺 証拠写真その2


  宿泊ホテルは北京の中心部にある北京飯店でした。
  徒歩圏内に昔の皇宮の紫禁城、天安門、人民大会堂、国家大劇場などの歴史の名所に
  到着することができる位置で、繁華街である王府井(ワン フー チン)にも隣接していました。

  天安門は、1417年に明代の永楽帝の時代に宮殿の南門(承天門)として築かれた城門です。
  ここは故宮(紫禁城)の入り口にあたり、
  明や清の時代には歴代の皇帝即位の詔が発せられた場所だそうです。

  近年の最も著名なできごととしては、
  1949年10月1日、毛沢東主席が中華人民共和国の建国宣言をしたことと、
  1989年6月4日、民主化を要求して座り込みを続けていた学生や市民に、
  人民解放軍の戦車・装甲車が突っ込み実力で排除した天安門事件でしょう。
  天安門の南側に広がるのが、天安門広場です。

1
f0129465_614583.jpg

2
f0129465_62627.jpg


  天安門広場の南側にあるのが「毛主席記念堂」
  毛沢東主席の遺体が安置されているのがここ毛主席記念堂で
  入場は無料ですが撮影は禁止です(一切の手荷物も持ち込み禁止)。

3
f0129465_625760.jpg


  天安門広場の西側にあるのが「人民大会堂(国会議事堂)」
  その手前の広場の中心にあるのが「人民英雄記念碑lです。

4
f0129465_635534.jpg

5
f0129465_64865.jpg

6
f0129465_642181.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-06-19 06:06 | 旅行
2012年 06月 16日

  八達嶺の万里の長城 証拠写真その1


  これまでに海外旅行は30年以上にわたり欧米以外にも随分たくさんの国に出掛けましたが、
  一度も行ったことがないのがお隣の韓国と台湾と中国でした。
  知人からの勧めもあって先ずは中国へ行ってきました。
  入門編としては北京周辺の世界遺産を廻るのがいいだろうと、北京で三泊しました。
  万里の長城(八達嶺)・明の十三陵・頣和園・天壇公園・故宮博物院の五つの世界遺産を
  見物するのが一般的な初心者の観光コースのようです。

  世界遺産の写真はネットなどでもたくさん観られますからほとんど撮りませんでした。
  平凡な証拠写真を撮ってきましたのでアップします。
  一期一会になるかも知れない風景を脳裏に焼き付けてきました。

   万里の長城は
   「東端の遼寧省虎山から西端の甘粛省嘉峪関まで総延長は8,851.8kmとされていたが、
    2012年6月5日に総延長は従来の2倍以上の21,196.18kmと発表された。
    現存する人工壁の延長は6259.6km。」(ウィキぺディアより)

  北京市内中心部から約70kmほど北東へ行った「八達嶺」の長城は観光客も一番多いそうです。
  ロープウェイを利用して短時間で最高所まで上がれ長城に立つことができます。
  観光客の90%は中国人だそうです。

1
f0129465_9265428.jpg

2
f0129465_927864.jpg

3
f0129465_9272482.jpg

4
f0129465_9273869.jpg

5
f0129465_9275653.jpg

6
f0129465_9281126.jpg

7
f0129465_9282378.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-06-16 09:31 | 旅行
2012年 05月 12日

  八甲田山 雪の回廊


  4月1日に開通した国道130号線「酸ケ湯温泉~谷地温泉」間は
  「八甲田十和田ゴールドライン」とも呼ばれるそうです。
  今冬は豪雪だったので雪の壁は例年より2, 3メートル高く
  10メートル以上のところもあるとか。

  道路は片側一車線ずつですから勿論駐停車はまったくすることもできません。
  ただ雪の壁を通過するだけですから窓外の白い壁を眺めているばかり。
  途中最高点の傘松峠(1040m)を過ぎた辺りから八甲田の山々が見えてきました。
  見苦しい写真ばかりですが、これが唯一の収穫でした。
  
  (八甲田雪中行軍遭難事件は新田次郎により『八甲田山死の彷徨』として
  1971年(昭和46年)に小説化され、さらにこの小説を原作とした
  1977年(昭和52年)の映画『八甲田山』で一般に広く知られることになりました。)


1
f0129465_6432481.jpg

2
f0129465_6433874.jpg

3
f0129465_6435166.jpg

4
f0129465_644468.jpg


  途中の酸ヶ湯インフォーメイションセンターで小休止しましたが
  大きな除雪車が稼働中で雪の深さを実感しました。

5
f0129465_6445054.jpg

6
f0129465_6451129.jpg

7
f0129465_6452688.jpg

8
f0129465_6453930.jpg

9
f0129465_6455390.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-05-12 06:49 | 旅行
2012年 05月 10日

  雪で閉ざされていた奥入瀬渓流


  十和田湖畔子ノ口(ねのくち)から焼山までの約14kmの奥入瀬川の渓流が
  国指定の特別名勝及び天然記念物になっている奥入瀬渓流です。

  数年前に訪れた時は雪もすっかり解けた初夏の頃でしたから
  渓流沿いを2時間ほど歩いたことがありました。新緑を流れる美しい渓流と
  左右から落ちる滝を眺めながら散策を楽しんだことを思い出していました。
  これらの美しい光景はネット上でたくさん観ることができます。

  訪れた時は、渓流沿いはまだ雪に覆われており渓流散策は不可能な状態。
  渓流沿いのR102は冬季も除雪されて通行が可能だそうです。
  道路上は一切駐停車ができませんので、休憩所のある途中の「石ヶ戸」で小休止。

  大きな古い樹木が倒れて雪解けの激流を止めたために渓流の流れが変わり
  対岸の遊歩道を崩壊するというので土嚢を積んだ応急の補強作業が行われていました。
  倒木を除去すれば正常な流れに戻せるのに、国立公園内では倒木にも触れないとのこと。

1
f0129465_1154373.jpg

2
f0129465_1155894.jpg

3
f0129465_1161546.jpg


  この日は「焼山」に建つ奥入瀬渓流ホテルに宿泊しました。
  以前にも一度泊ったことがありましたが、渓流沿いの瀬音と澄んだ空気がご馳走です。
  吹き抜けのラウンジには岡本太郎作の大きな暖炉があり森の息吹を感じます。
  雪がなければ渓流沿いの渓流庭園の散策が楽しめるのですが、大変に残雪でした。

4
f0129465_1173489.jpg

5
f0129465_1175155.jpg

6
f0129465_118543.jpg

7
f0129465_1181952.jpg

8
f0129465_1183289.jpg

9
f0129465_1184741.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-05-10 11:19 | 旅行
2012年 05月 09日

  濃霧の十和田湖畔


  4月下旬の東北桜追跡旅行は惨めな失敗となりました。
  桜の開花を予測すること自体、畏れ多いことなのでしょう。
  敢えて、花のない暗い雰囲気の写真ばかりですが、
  数回にわたってアップすることにしました。

  
  東海道「のぞみ」東北「はやぶさ」と乗り継いで盛岡へ。
  十和田湖湖畔を散策して湖上遊覧船に乗るつもりでしたが、
  濃霧で展望も悪いので乗船はやめました。

  十和田湖を望む発荷峠(はっかとうげ)の展望台も豪雪の影響で
  トイレなどは雪で閉鎖された状態で、天候不良で展望もききませんでした。

1
f0129465_611137.jpg


  秋田県側の子の口から湖畔を廻って青森県側の休屋港へ。
  十数年前にここを訪れた時に観たことのある「乙女の像」を再訪しました。
  休屋から御前ヶ浜まで湖岸を歩いて10分ほど。
  詩人・彫刻家であった高村光太郎の傑作として知られ、
  十和田湖の文字どおりのシンボルになっています。
   製作までの経緯はこちらに詳しくかかれています。

2
f0129465_64049.jpg

3
f0129465_641835.jpg


  深い霧に閉ざされた十和田湖は静寂につつまれていました。

4
f0129465_645383.jpg

5
f0129465_65965.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-05-09 06:09 | 旅行
2011年 12月 28日

  ウィン・マカオ(Wynn、永利澳門)ホテルの噴水ショウ


  ラスベガス生まれの高級カジノリゾート「Wynn」。
  ホテル正面玄関前の噴水では15分おきに噴水ショーが行なわれている。
  11:00~24:00まで15分間隔で行われるが、見物は夜間が美しい。
  音楽が流れライトアップされて豪華な時間を楽しむことができる。勿論無料である。

1
f0129465_7343259.jpg

2
f0129465_7345478.jpg

3
f0129465_735155.jpg

4
f0129465_7353237.jpg

5
f0129465_7354966.jpg

6
f0129465_736787.jpg

7
f0129465_7362822.jpg

8
f0129465_7364960.jpg

9
f0129465_737440.jpg

10
f0129465_7373129.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-12-28 07:40 | 旅行