カテゴリ:植物・花( 256 )


2012年 06月 14日

  曽根城公園の花しょうぶ


  曽根城公園は大垣市の都市公園です。
  面積約21,800平方メートルの曽根城公園には5ヶ所(3,800平方メートル)の花菖蒲池があります。
  池への映り込みを探して廻ってみましたが、気に入ったスポットが見つかりませんでした。
  菖蒲の花だけを撮ってみても平凡ですから花の写真の難しさを実感しました。
  雨の降った翌朝にしては花に痛みもなく早朝に開いたばかりの新鮮な花が観られたのは幸運でした。
  撮る前に、先ずは自分の眼で美しい花を十分に観賞できたのが一番の収穫でした。

1
f0129465_639412.jpg

2
f0129465_6392161.jpg

3
f0129465_6393530.jpg

4
f0129465_6395273.jpg

5
f0129465_640631.jpg

6
f0129465_6402160.jpg

7
f0129465_6403730.jpg

8
f0129465_6405362.jpg

9
f0129465_641665.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-06-14 06:42 | 植物・花
2012年 06月 11日

  長いお休みでした


  一週間の予定でしたがあと2日で一ヶ月になる長いお休みになってしまいました。
  5日間の中国旅行の後、その4日後にはグアムで6日間を過ごし半月が経過しました。
  心身ともに十分な休養が出来ましたが、怠け癖が付いてブログをお休みしていました。
  パソコンはニュースを読む程度にして、カメラにも一切触れませんでした。
  この1ヶ月は自分の人生に中でも貴重な時間となりました。

  何時ものように今朝も4時30分に起床して、NHK ONLINE の地方版を

  読んでいましたら、大垣市の曽根城公園の花しょうぶ祭のことが報じられていました。

  現地に6時過ぎに着いたらすでに10人ほどのカメラを持った人たちが見物していました。

  9・10日は花しょうぶ祭であることをすっかり忘れていました。

  久しぶりにファインダーを覗きながら早朝の花菖蒲を楽しんできました。
  前日はやや激しい雨が降りましたので気掛かりでしたが、綺麗な花が堪能できました。
  全体ではまだ5~6分咲ですからこの先10日ほどは楽しめそうです。

  1ヶ月ぶりのブログの更新となりましたが、これからもよろしくお願いします。

1
f0129465_931125.jpg

2
f0129465_9311882.jpg

3
f0129465_9313418.jpg

4
f0129465_9314971.jpg

5
f0129465_932492.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-06-11 09:34 | 植物・花
2012年 05月 07日

  見栄えのしない今年のふじ棚


  一週間前に訪れた時には開花が進んでいるように思えたスポーツ公園のふじ棚
  赤坂東藤まつりが5月3日に開かれましたので再訪してみました。
  すでに散り始めた花がある一方で、ほとんど咲いてないふじ棚も多く、
  開花状況に大きな差があって、長いふじ棚もその効果をまったく果たしていませんでした。

  園内で出会った市会議員のバッチをつけた人が開花状況の悪さを弁解していました。
  市民の皆さんの期待に添えないような管理状態を詫びている話しぶりでありましたが
  結果的には市政も市の行政もこの公園について、関心が薄く怠慢だったのでしょう。
  今年の天候の不順や財政の問題もあるでしょうが、公共の施設は守ってほしいものです。

  公園の入口に近い屋内体育館の前で祭りのイベントが行われていました。
  この周辺のふじ棚と東西のふじ棚はよく咲いていました。

1
f0129465_16423630.jpg

2
f0129465_16425284.jpg

3
f0129465_16431022.jpg

4
f0129465_16432759.jpg


  南北のふじ棚は部分的によく咲いている部分と
  ほとんど咲いていないところが入り混じって寂しい開花状況でした。

5
f0129465_16441475.jpg

6
f0129465_1644316.jpg

7
f0129465_16444639.jpg


  この公園の藤の一番の売り物である、22品種60本の品種は
  まったく開花状態が悪く、そのうえ樹木に付けられている名札も
  書かれた文字が消えていたり、名札もなくなっていたり
  管理の悪さは歴然としていました。
[PR]

by sansenkiso | 2012-05-07 16:48 | 植物・花
2012年 05月 05日

  続・お茶屋敷の牡丹


  お茶屋屋敷の歴史は以前にご説明しましたが、
  寛永(1624~1644)年間に建物は取りこわされ、
  土地は明治維新の廃藩置県のとき赤坂村名主矢橋宗太郎氏に払い下げられました。

  牡丹園の造園にあたっては、先々代の家長であった故・矢橋龍吉翁が、
  明治、大正、昭和にかけて、お茶屋敷内の花畑に四季の草花を栽培したことに由来します。


1
f0129465_5432246.jpg

2
f0129465_543419.jpg


  園内には珍しい草木が植栽されているようですが
  季節に合わせて何度も訪れないと出会いが難しいようです。
  御衣黄桜は殊更珍しい桜でもありませんが、この園に二本あります。
  毎年牡丹の花が咲き始める頃に運がよければ観られるのです。
  今年の花は丁度見頃ではなかったでしょうか。

3
f0129465_5452970.jpg


  牡丹を観に行った時の一番の楽しみは、空木の花に出会えることです。
  空木(うつぎ)は卯の花(うのはな)とも言われますが
  「夏は来ぬ」の唱歌の冒頭に出てくる花です。
  
    卯(う)の花の、匂う垣根に
    時鳥(ほととぎす)、早も来鳴きて
    忍音(しのびね)もらす、夏は来ぬ


  園内の片隅にある農作業小屋の裏手に咲きますから
  この卯の花に気付く人はほとんどいないでしょう。
  空木には10種類ほど種類があるそうですが、
  これは姫空木か丸葉空木のどちかだと思います。

4
f0129465_548209.jpg


  花の接写は観るのは好きですが、撮ることは苦手で下手ですから
  マクロレンズを使うことは余りありません。
  どちらかと言えば、望遠マクロで撮ることにしています。
  相変わらず見栄えのしないマンネリな接写ですがご覧ください。

5
f0129465_549565.jpg

6
f0129465_55014100.jpg

7
f0129465_5503814.jpg

8
f0129465_5505842.jpg

9
f0129465_5511381.jpg

10
f0129465_5513461.jpg

11
f0129465_5515565.jpg

12
f0129465_552147.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-05-05 05:55 | 植物・花
2012年 05月 04日

  見頃のお茶屋敷跡の牡丹


  前回は雨の降った翌日で折角咲いた花も惨めで可哀想な状態でしたが
  4日後の1日に再びお茶屋敷跡の牡丹園を訪れました。
  お天気は薄曇でしたが二番花・三番花が咲きそろって
  園内は色とりどりの牡丹の花に満ち溢れていました。

1
f0129465_12425396.jpg

2
f0129465_12431084.jpg

3
f0129465_12432741.jpg


  ツツジも一気に花が増えて園内は華やかな雰囲気になっていました。
  ツツジの花には早くもクロアゲハが蜜を吸いに飛んできていました。

4
f0129465_12441682.jpg

5
f0129465_12443263.jpg


  園内の雰囲気を一層明るくしてくれたのは、
  黄色・青色・白色の三色の帽子を被った幼稚園児の一行でした。
  先生に引率されて賑やかに会話をしながら牡丹の花の美しさを愛でていました。

6
f0129465_124524100.jpg

7
f0129465_12453948.jpg

8
f0129465_12455776.jpg


  東屋の藤も開花が進み大きな熊蜂が蜜を吸っていました。

9
f0129465_12463191.jpg

10
f0129465_12464797.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-05-04 12:48 | 植物・花
2012年 05月 02日

  藤の開花が進んでいます


  大垣市赤坂スポーツ公園は面積は23,317平方メートルの多目的グラウンドを中心として、
  テニスコート、屋内ゲートボール場、児童遊園地を備えています。

  園内には、3品種215本フジによる延長840m、面積約4,430平方メートルの
  東海地方最大級のフジ棚があります。
  また、22品種60本のフジが、トンネル、パラソル、噴水やブリッジに仕立てられており、
  様々な藤の姿を演出しています。(大垣市HPを参照)

  
  赤坂東藤まつりは5月3日に開催されますので、その頃が一番の見頃となるでしょう。
  去年は大型観光バスで見物に訪れる人の多さに驚きました。
  一昨日訪れた時はまだ藤棚の一部が咲き始めたところでした。

1
f0129465_451178.jpg

2
f0129465_4513851.jpg

3
f0129465_452149.jpg

4
f0129465_4521916.jpg

5
f0129465_4523867.jpg

6
f0129465_452565.jpg

7
f0129465_4531477.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-05-02 05:00 | 植物・花
2012年 05月 01日

  花水木が見頃に


  各地で花水木が見頃を迎えています。

  南の地方から北の地方へ桜前線と少し似たような開花が続いています。

  一昨日図書館へ行った際に撮ってきたものですが、

  市内の街路では何ヶ所も美しい並木が続いています。

  大垣市スイトピアセンターの駐車場付近ですが、
  生涯学習の拠点として、学習・創作・研究機能を持つ「学習館」と
  発表・展示機能を持つ「文化会館」、知識・調査・情報機能を持つ「図書館」の
  3館が集まった施設です。

1
f0129465_5372068.jpg

2
f0129465_5373740.jpg

3
f0129465_538085.jpg

4
f0129465_5381917.jpg

5
f0129465_5383779.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-05-01 05:40 | 植物・花
2012年 04月 30日

  お茶屋敷跡の牡丹


  6日間もお休みしてしまいました。
  期待して出掛けた東北地方の桜でしたが、開花が遅れてまだほとんど咲いていませんでした。
  秋田県の角館と青森県の弘前公園は前年の開花状況に合わせて計画しましたが
  今年は7日~10日遅れの開花となり、残念でしたが桜には出会えませんでした。
  雪深い八甲田では雪の回廊を楽しみ平泉中尊寺では開花のはじまった桜に出会えました。


  毎年牡丹の咲くこの時期になると、このお茶屋敷跡の牡丹園が何時も登場します。

  お茶屋屋敷跡は江戸初期の将軍上洛往還のおりの休泊所となっていました。

  創建当時の城郭様式を偲ぶ土塁や空壕の一部が残っています。

  現在は個人の所有となっておりが、約80種・800株の牡丹が咲き乱れますので

  遠方からの愛好家も大勢訪れます。

  すぐ近くの大垣市赤坂町にあり、入園料は無料で駐車場も整備されていますから

  牡丹の咲くこの時期には何度も訪れています。


  この日は前日に雨が降りましたので折角綺麗に咲いた花も痛んでいました。
  まだ蕾はいっぱいありますから、この連休中は楽しめるでしょう。

1
f0129465_7254089.jpg

2
f0129465_726962.jpg


  色とりどりの美しい花が咲いていましたが、
  前日の雨で花びらが傷ついていたのが残念でした。

3
f0129465_727229.jpg

4
f0129465_7272379.jpg

5
f0129465_7274195.jpg

6
f0129465_728192.jpg

7
f0129465_728178.jpg

8
f0129465_72832100.jpg


  まだまだ蕾がたくさん膨らんでいましたから
  この1週間ぐらいは綺麗な花に出会えることでしょう。

9
f0129465_7291886.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-04-30 07:32 | 植物・花
2012年 04月 12日

  郷土館のしだれ桜 その1

  例年ソメイヨシノに前後して美しい花を見せてくれる郷土館のしだれ桜が見頃でした。

  画廊では「春の草花写真展」が展示されていましたので、

  いいタイミングで満開のしだれ桜を見物することができました。


  入口の門を潜ったところで頭上に広がる紅色の桜に歓迎されました。

1
f0129465_53312.jpg

2
f0129465_532967.jpg

3
f0129465_535386.jpg


  訪れていた外人さんも感嘆の声を上げていました。

4
f0129465_55058.jpg

5
f0129465_552361.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-04-12 05:07 | 植物・花
2012年 03月 23日

  梅林に魅せられる

  前回訪れた時に紅梅白梅はすでに見頃を迎えていましが、

  この日は曇り空にもかかわらず、いまだ満開の梅を楽しむことができました。

  前にもご紹介した「翡翠(かわせみ)」(日本料理レストラン)の中庭には

  何本もの梅の古木があって、まるで梅林のような賑やかさを魅せてくれるのです。

  ここで食事をしながら観梅も趣があります。

  ほとんどの人は気づかずに素通りしてしまいますが、勿体無いと思います。

1
f0129465_6595851.jpg

2
f0129465_702414.jpg

3
f0129465_703925.jpg

4
f0129465_705369.jpg

5
f0129465_711174.jpg

6
f0129465_713013.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-03-23 07:02 | 植物・花