風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 14日

川遊びを見物して涼をもらう

一気に梅雨明けしたような真夏の陽射しの照りつける暑い日となった。

池田山山麓の大津谷にでも行って緑陰を楽しもうかと出掛けてみた。

すでに谷筋の木陰にはシートを敷いてバーベキューを準備している

グループや家族連れが大勢来ていた。

次のポイントの粕川へ来てみたら清流で水と戯れる子供たちを発見。

早速河川敷の駐車場に車を停め上流で水遊びする彼等を見物した。

粕川は伊吹山春日笹俣を源流の一つとする川で揖斐川の支流である。



上流は滋賀県との県境に通じる江美山塊(近江と美濃)で伊吹山・貝月山
のほか多くの奥美濃の山々が連なる。

1
f0129465_21265141.jpg

2
f0129465_2127266.jpg

3
f0129465_21275262.jpg



後で川岸の木陰にいた引率の親御さんから聞いて分かったが
女の子と男の子3人の4人グループと川を歩く黒い衣服を着たお父さんが
引率する3人グループの7人が水遊びをしていた。

4
f0129465_21285657.jpg

5
f0129465_21292122.jpg

6
f0129465_2129497.jpg

7
f0129465_21301594.jpg



流れが淀んだ大きな石の周辺に魚がいるというので4人組が集まってきた。
水中眼鏡を付けて水中を覗きこみ大騒ぎしていた。

8
f0129465_2131976.jpg

9
f0129465_21313610.jpg

10
f0129465_213244.jpg

11
f0129465_21323230.jpg



二人の男の子を連れた黒い服装のお父さんも魚を追っかけていたらしい。

12

f0129465_21332335.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2008-07-14 21:36 | 風景・自然


<< 水遊びに戯れる少年と少女      金廻四間門樋(かなまわりしけん... >>