風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 21日

雨の上高地散策 1

負け惜しみを言うつもりではないが穂高連峰の見えない小雨の上高地もいいものだ。

大正池を歩き始めた時から小雨が降っていた。
重苦しい雲が頭上を覆っていて晴天で味わう上高地の雰囲気は皆無であった。
上を見ても仕方ないから下を見て歩くこことにした。
雨が続いたせいか田代池に向かう林間の道のあちこちに綺麗な湧き水が流れ梓川へ流れ込んでいた。
梓川は青く澄んで激しい急流となっていた。




小雨微風の大正池は名物の枯れ木の姿も少なくなって静寂そのもの
f0129465_1446941.jpg


道標を目にすると懐かしい昔が蘇る
f0129465_1447386.jpg


結構なお歳の四人組みも懐かしそうに昔の話をしていた
f0129465_1447524.jpg


透き通った水面に映る樹林も趣がある
f0129465_14484415.jpg


暗い水面に映っている影と実物が区別し難いほど澄んだ水だった
f0129465_14493936.jpg


青く澄んだ梓川の急流
f0129465_14511350.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2007-07-21 14:55 | 旅行


<< 雨の上高地散策 2      大賀ハスは終わった >>