2012年 07月 01日

  世界遺産・朝の天壇公園 証拠写真その5


  天壇公園の総面積はは270万㎡、故宮のそれの4倍を超える膨大な広さですから
  短時間で全部を見物するのは無理なことです。(東京ドーム58個分の広さだそうです)
  中国人は昔から、「天」は至上のものであり、万物を支配するという最高権威と考えてきました。
  天壇は昔、天を祭った場所です。
  人々は天に祈願ができたが、天を祭るのは天子だけの特権でした。
  天壇は明・清代の皇帝が、天を祭って豊穣を祈る場として造ったものです。
  建設されてから数百年の間、二十数人の皇帝が、盛大な祭典儀式を行ったきました。
  1918年、天壇は公園として一般市民に開放されました。

  早朝に訪れたのは、この公園の各所で気功・太極拳・ヨガ・ダンス・合唱ライブなど
  トレーニングをする人たちでにぎわっている様子を見物したかったからです。

1
f0129465_9142462.jpg

2
f0129465_9144074.jpg

3
f0129465_9145520.jpg

4
f0129465_915989.jpg


  木陰ではトランプに興ずる高齢者の姿をたくさん見受けました。
  将棋や麻雀を楽しんでいる人もいました。

5
f0129465_9155513.jpg

6
f0129465_916964.jpg


  天壇公園を代表する皇帝が毎年豊作を祈った場所である「祈年殿」も見物しました。
  三層の青の瑠璃瓦と屋根は見事です。
  青い空をバックにした青の色も美しく屋根の丸さも美しく最上層の円錐形も華麗でした。

7
f0129465_917180.jpg

8
f0129465_9171966.jpg

9
f0129465_9173316.jpg

10
f0129465_9174824.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-07-01 09:20 | 旅行


       胡同(フートン)めぐり 証... >>