風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 25日

  世界遺産・広大な庭園 頤和園(いわえん) 証拠写真その4

  頤和園(いわえん)という名前の中国料理店は日本でも各地にあります。
  北京市内から北西約25kmにある「頤和園(いわえん)」は、北京郊外の観光の目玉です。
  余にも広すぎて一帯をじっくり散策すれば半日では無理かも知れません。
  12世紀、金代に皇帝の離宮として築かれたのが始まりといわれていますが、
  20世紀初めには、絶大な権力を握った、かの「西太后」により大規模な修復が行われました。
  昆明湖を作るときに掘り出した土を盛り上げて築山したものが万寿山とは驚きです。

  5月の中旬でしたがこの日は初夏を思わせるような気候でした。
  柳の新緑が美しい昆明湖の辺では木陰で休んでいる人も多く
  貸しボートを楽しむ若者で賑わっていました。
  橋の向こうに見えるのは文昌院(中国の古典庭園の中で最大規模、最高クラスの文物陳列館)

1
f0129465_5181353.jpg

2
f0129465_518336.jpg

3
f0129465_5185475.jpg


  昆明湖を運行する遊覧船、湖の遥か向こうに見える万寿山に建つ「仏香閣」
  時間の止まったような風景に暫し心が安らぎました。

4
f0129465_520425.jpg

5
f0129465_5202191.jpg


  世界で最も長い画廊と評される全長728メートルの「長廊」
  太后が居住、食事、政務を行った「楽寿堂」
  清朝の皇帝や妃たちが買い物を楽しむための商店街だった
  全長300メートルあまりの川を挟んだ両岸につくられた「蘇州街」など
  多くの見物場所がありました。
  紅い旗を立てた中国人ツアーが圧倒的に多いのには驚きました。

6
f0129465_5213658.jpg

7
f0129465_5215499.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-06-25 05:25 | 旅行


<<   胡同(フートン)めぐり 証...        田植え風景 >>