2012年 06月 19日

  天安門広場とその周辺 証拠写真その2


  宿泊ホテルは北京の中心部にある北京飯店でした。
  徒歩圏内に昔の皇宮の紫禁城、天安門、人民大会堂、国家大劇場などの歴史の名所に
  到着することができる位置で、繁華街である王府井(ワン フー チン)にも隣接していました。

  天安門は、1417年に明代の永楽帝の時代に宮殿の南門(承天門)として築かれた城門です。
  ここは故宮(紫禁城)の入り口にあたり、
  明や清の時代には歴代の皇帝即位の詔が発せられた場所だそうです。

  近年の最も著名なできごととしては、
  1949年10月1日、毛沢東主席が中華人民共和国の建国宣言をしたことと、
  1989年6月4日、民主化を要求して座り込みを続けていた学生や市民に、
  人民解放軍の戦車・装甲車が突っ込み実力で排除した天安門事件でしょう。
  天安門の南側に広がるのが、天安門広場です。

1
f0129465_614583.jpg

2
f0129465_62627.jpg


  天安門広場の南側にあるのが「毛主席記念堂」
  毛沢東主席の遺体が安置されているのがここ毛主席記念堂で
  入場は無料ですが撮影は禁止です(一切の手荷物も持ち込み禁止)。

3
f0129465_625760.jpg


  天安門広場の西側にあるのが「人民大会堂(国会議事堂)」
  その手前の広場の中心にあるのが「人民英雄記念碑lです。

4
f0129465_635534.jpg

5
f0129465_64865.jpg

6
f0129465_642181.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-06-19 06:06 | 旅行


<<   世界遺産・明の十三陵(定陵...        八達嶺の万里の長城 証拠写... >>