風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 12日

  八甲田山 雪の回廊


  4月1日に開通した国道130号線「酸ケ湯温泉~谷地温泉」間は
  「八甲田十和田ゴールドライン」とも呼ばれるそうです。
  今冬は豪雪だったので雪の壁は例年より2, 3メートル高く
  10メートル以上のところもあるとか。

  道路は片側一車線ずつですから勿論駐停車はまったくすることもできません。
  ただ雪の壁を通過するだけですから窓外の白い壁を眺めているばかり。
  途中最高点の傘松峠(1040m)を過ぎた辺りから八甲田の山々が見えてきました。
  見苦しい写真ばかりですが、これが唯一の収穫でした。
  
  (八甲田雪中行軍遭難事件は新田次郎により『八甲田山死の彷徨』として
  1971年(昭和46年)に小説化され、さらにこの小説を原作とした
  1977年(昭和52年)の映画『八甲田山』で一般に広く知られることになりました。)


1
f0129465_6432481.jpg

2
f0129465_6433874.jpg

3
f0129465_6435166.jpg

4
f0129465_644468.jpg


  途中の酸ヶ湯インフォーメイションセンターで小休止しましたが
  大きな除雪車が稼働中で雪の深さを実感しました。

5
f0129465_6445054.jpg

6
f0129465_6451129.jpg

7
f0129465_6452688.jpg

8
f0129465_6453930.jpg

9
f0129465_6455390.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-05-12 06:49 | 旅行


<<   杭瀬川公園の散策        新緑の杭瀬川スポーツ公園 >>