2012年 05月 11日

  新緑の杭瀬川スポーツ公園


  杭瀬川スポーツ公園は平成7年に杭瀬川の広大な河川敷(15.0h)を利用して造られた公園です。
  野球場、ソフトボール場、多目的広場(サッカー場等)のスポーツゾーンと
  既設河道の利用や樹木を極力残すなど、自然環境に配慮して整備され
  水生植物などの観察ゾーンが共存した公園です。
    (杭瀬川は池田山周辺に源を発し揖斐川支流の牧田川に合流する一級河川です。)

  休日にはソフトボールやサッカーや野球の試合が行われ大勢の人が集まりますが
  平日は散策する人の姿も疎らで、静かな自然観察が楽しめるところです。
  ケヤキなどの大きな樹木もたくさんありますから、この時期は新緑に輝きます。

  この日はお天気は晴れているのか曇っているのか区別できないような
  不思議な天気で、いつもならくっきり見える養老山脈や伊吹山も霞んでいました。

1
f0129465_6112694.jpg

2
f0129465_6115147.jpg

3
f0129465_6121010.jpg


  柳の若葉も柔らかく、水辺の睡蓮もやがて美しい花を見せてくれます。

4
f0129465_6125325.jpg

5
f0129465_61395.jpg


  1時間ほど歩いたら汗ばむほどの気候です。
  もう立夏も過ぎて暦では夏ですから。
  シオカラトンボ・モンシロチョウ・アメンボにも出会いました。

6
f0129465_614165.jpg

7
f0129465_6141878.jpg

8
f0129465_6143817.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2012-05-11 06:19 | 公園・施設


<<   八甲田山 雪の回廊        雪で閉ざされていた奥入瀬渓流 >>