風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 09日

  豪雪の北部伊吹地区 1


  例年にない大雪に見舞われた今冬の日本列島である。
  2005年の町村大合併で滋賀県坂田郡の四つの町が一つになって誕生したのが米原市。
  それ故に南北に長く、伊吹山の南部から奥伊吹と言われる北部までがそのエリアとなった。
  伊吹北部地域には南の表伊吹から北の裏伊吹に八つの集落がある。
  小泉・大久保・下板並・上板並・吉槻・甲賀・曲谷・甲津原で人口減少と高齢化が顕著な集落。
  最奥の集落・甲津原で雪合戦「奥伊吹バトル」が行われたので見物に出掛けた。
  小泉の集落を通る頃から積雪が急に深くなり、道路の両脇には2メートルもある雪璧が続き
  崖状の山腹には巨大な雪塊が今にも落下してきそうな、雪崩の危険が感じられる怖い道が続く。
  甲津原へ着いてみたら狭い駐車場はすでに満車で、ここからさらに奥にある奥伊吹スキー場へ
  駐車してシャトルバスで運ばれるというので見物は諦めることにした。
  帰路に奥から三つ目の甲賀集落の道路脇の僅かな駐車スペースに車を停める。

  何度も訪れたことのある白山神社は雪に埋まっているし、豪雪の物凄さを目の当りにしてきた。
  29世帯・71人が生活する甲賀集落で大きな家屋がこの豪雪で3軒も倒壊したという。

1
f0129465_105013100.jpg

2
f0129465_10503355.jpg


  一日数本運行されるコミュニチィーバスの停留所付近。
  平均2~3回は除雪を行っているというがこの様子。

3
f0129465_10513566.jpg


  現在は無人状態のこの古い家屋も倒壊の危険から二度も屋根の雪を
  下ろしたということだが、再び2メートル以上の雪塊となっていた。

4
f0129465_10523592.jpg

5
f0129465_10525355.jpg

6
f0129465_10531372.jpg


  「56豪雪(1980~81)以来30年振りの豪雪に集落は困っています・・・」と
  話してくださった方の屋根でも、4回目の雪下ろしの最中であった。

7
f0129465_1054837.jpg


  この家屋から数十メートル北に寄った一段低い場所の大きな家屋は
  棟柱が折れて屋根が大きく落ち込んでいた。
  この時は夜間に轟音が響いたそうだ。

8
f0129465_10554436.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2011-02-09 10:58 | 風景・自然


<<   豪雪の北部伊吹地区 2        宝光院節分会はだか祭り >>