風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 16日

  黒川温泉で足湯 その7

  歓楽的要素や派手な看板を廃して田の原川の渓谷の両側にこぢんまりとした和風旅館が建ち並ぶ。
  2009年版ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで、温泉地としては異例の二つ星で掲載された
  黒川温泉は熊本県南小国温泉郷の一つ。秘湯ブームで人気も高く20年以上も昔に考案された
  入湯手形が温泉復活の起死回生になったという。
  手形は1枚2000円で24軒の露天風呂のある旅館で3ヶ所に入浴できる。
  記念に手形は購入したが転倒した傷のために足湯にしか浸かれなかったのは残念であった。
    (愛用のカメラは使用不能となったので予備のコンデジで撮った証拠写真)

  紅葉を観ながら足湯が楽しめると聞いたので訪れた旅館。

1
f0129465_16393490.jpg

2
f0129465_16395869.jpg

3
f0129465_16402247.jpg

4
f0129465_16405156.jpg

5
f0129465_16411547.jpg

6
f0129465_16415929.jpg

7
f0129465_16422496.jpg

8
f0129465_16424560.jpg


  千の湯(男性)と千尋の湯(女性)で人気のある旅館。

9
f0129465_16433076.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-12-16 16:45 | 旅行


<<   師走を感じさせない今年の気候        遅かった菊地渓谷の紅葉 九... >>