風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 14日

  遅かった菊地渓谷の紅葉 九州旅行その6


  宮崎県から再び県境を越えて大分県に戻り「九重夢の大吊橋」を渡った。
  高さ173m、長さ390mで、歩行者専用橋としては日本一の高さと長さで4年前に開通した。
  橋からは日本の滝百選の震動の滝や紅葉の美しい九酔渓の雄大な景色を望むことができが
  紅葉はすでに盛りを過ぎていたし、揺れる吊橋を歩くのに懸命で写真は失敗ばかり。
  光線がまったく影になっている雄大な滝も霞んだような見苦しい写真しか撮れなかった。

1
f0129465_5404531.jpg

2
f0129465_548173.jpg

3
f0129465_5413654.jpg


  大分県から県境を西の越えれば再び熊本県となる。
  阿蘇くじゅう国立公園の特別保護地区に指定されている菊池渓谷を訪れた。
  広葉樹の原生林に覆われて菊池川の源流近くにあるため美しい清流をみることができる。
  モデル散策コースは1キロと2キロが設定されているが、痛む足を引きずりながら
  2キロ60分コースを歩いた。
  深い渓谷の散策道であるから陽射しはほとんどなく、折角の広葉樹も落葉が激しかったので
  撮ることは気乗りせず、ひたすら歩くことに神経を集中した。
  渓流まで近づいてみたかったが、それも遠慮して証拠写真だけとした。

4
f0129465_543203.jpg

5
f0129465_5434251.jpg

6
f0129465_544566.jpg

7
f0129465_5442879.jpg

8
f0129465_5445015.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-12-14 05:50 | 旅行


<<   黒川温泉で足湯 その7        高千穂峡の紅葉と真名井の滝... >>