風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 20日

  薪を作る人


  数日前に上石津町の日本昭和音楽村へ行ったついでにこの上石津町の山間の西山集落に寄ってきた。
  上石津町は養老町を超えた大垣市の飛び地で2006.03.27に町村合併で大垣市となった。
  西隣は滋賀県の霊仙山(1094m)であるからとても山深い集落である。
  上石津町は滋賀県の米原市と多賀町に、三重県のいなべ市に隣接する珍しい町である。
  大垣市は県内で人口(16万人余)が2番目の都市だというのに、山間の谷沿いの道で
  斧を振り下ろして丸太を割って薪造りをしている人に遭った。
  背後には鬱蒼とした竹薮が深い谷へ続いていた。
  最近は暖炉や薪を使用する大型ストーブを愛用する人が増えているそうだ。
  注文も多くて、この集落にはこうして薪を作る人がまだ三人いるという。
  この薪を割っていた筋骨逞しい方は、75歳と聞いて驚いた。

1
f0129465_553859.jpg

2
f0129465_5533392.jpg

3
f0129465_5535486.jpg

4
f0129465_5541443.jpg

5
f0129465_5543422.jpg

6
f0129465_5545348.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-09-20 06:05 | 風景・自然


<<   プロ野球も終盤戦        猛暑の揖斐峡 >>