風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 02日

  猛暑の木曽三川公園


  夏の花物語として主役をつとめた3万本の「キバナコスモス」だったが
  子供たちの夏休みも終わりに近づいた8月22日(日)でイベントを終了した。
  秋の花物語の主役となるコスモスの登場は9月の下旬になるから、暫くは
  来園者も少ない残暑の厳しい静かかな三川公園に戻る。
  そんな様子を見たくなって水郷パークのついでに寄ってみた。
  生易しい残暑どころか、36℃の猛暑で公園を訪れる人も稀であった。
  暑い日照りに強いキバナコスモスは花壇の中でその存在を誇らしく咲いていた。

1
f0129465_6313447.jpg

2
f0129465_6315891.jpg


  百日紅の花も真っ盛りで残暑どころか気温は36℃の猛暑で真夏であった。

3
f0129465_6325052.jpg

4
f0129465_633792.jpg


  遊園地には子供の姿も見られない。

5
f0129465_6335855.jpg

6
f0129465_6341769.jpg


  公園の装いも秋をイメージしているがこの猛暑では何だかしっくりしない。

7
f0129465_635699.jpg

8
f0129465_6352339.jpg

9
f0129465_640729.jpg

10
f0129465_6363545.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-09-02 06:40 | 公園・施設


<<   朝の散歩・湖畔の町コモ        水郷パークセンターの蓮花 >>