風を友にして

sansenkiso.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 02日

  「愛の小径」を歩く


  昼食後に、モンテロッソ・アル・マーレの街を少し歩いた後に、ローカル列車で
  最初に接岸したリオマッジョーレまで戻り断崖の遊歩道「愛の小径」を歩いた。
  隣村のマナローラまでの区間が愛の小径(Via dell'Amore)と呼ばれ人気がある。
  断崖のよく整備された比較的平坦な道で眼下に広がる素晴らしい風景を眺めながら歩いた。

  モンテロッソからリオマッジョーレまでの列車は
  トンネルが多くて外の風景はほとんど見られなかった。

1
f0129465_9565924.jpg


  駅は断崖の上にあって少し階段を上がるとそこには真っ青な地中海が広がっていた。

2
f0129465_9581376.jpg

3
f0129465_9583128.jpg

4
f0129465_9585139.jpg

5
f0129465_9591238.jpg

6
f0129465_9593136.jpg


  散策路の途中には記念撮影用のベンチもあった。

7
f0129465_1001556.jpg


  ローカル線のマナローラの駅のホームが見えてきて楽しい散策は終わった。

8
f0129465_101211.jpg

[PR]

by sansenkiso | 2010-08-02 10:04 | 旅行


<<   伊吹山のお花畑        モンテロッソ・アル・マーレで下船 >>